能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞍馬天狗さらにつづき

子方の説明に対して、シテは「和上臈は常磐腹には三男、毘沙門の沙の字をかたどり、御名をも沙那王殿とつけ申す」と続けます。
以前の鑑賞記にも書いた通り、突然現れた山伏が牛若の素性を知っているのは、不思議な話で、シテがただの山伏ではないことが窺える展開です。

地謡の下歌、上歌。その「奥は鞍馬の山道の」あたりでシテは、シテ柱側に少し目を向けると立ち上がり、子方に寄って立ち上がらせ正面を向かせ、自らは後ろに立つ形。
続く下歌は、大天狗である山伏が牛若を伴い、通力をもって名所名所の花を見せる様を謡いますが、シテはまず地謡前に下がり、ワキ座の先に立つ子方と向き合い「この程お供して」と、牛若を伴う風。
さらに「ある時は」と大小前に進み、「愛宕高雄の初桜」で正面を向き、「比良や横川の遅桜」でサシ回しして面を使い、桜を見回す風。「吉野初瀬の名所を」とシテ柱見込んで常座へと進み「見残す方もあらばこそ」と子方と向き合います。

ロンギとなり子方の謡。シテの素性を怪しんで「御名を名乗りおわしませ」とシテに名乗りを求めます。
シテはこの山に年経たる大天狗と自のらの素性を明かし、サシ込み開キ。
地謡で六足ほどワキ正に出、「平家を亡ぼし給うべきなり」と子方を見やります。さらに子方に向かい「明日参会申すべし」と四足サシ込み開キ。「さらばと言いて客僧は」とやや面を伏せ、ススッと正へ出ると一つ拍子を踏み、「大僧正が谷を分けて」から橋掛り二ノ松までススッと進み、一度立ち止まってあらためて中入です。
来序の囃子で子方も従い退場します。

二人が幕に入ってしまうと囃子は狂言来序にかわり、木の葉天狗のアイが登場してきます。常座にて立ちシャベリ。
大天狗に仕える木の葉天狗と名乗り、風に木の葉の散るように自在に飛行するので木の葉天狗というのだと述べます。さて罷り出た訳は、学問のために鞍馬の山に上った牛若が、実は平家を討とうと志していることを大天狗が知り、牛若に近付こうとした。牛若が稚児達と花見の宴に出たところに、大天狗が山伏に身を変じて宴に紛れ込んだが、一同は牛若を残して帰ってしまった。大天狗は通力をもって牛若に各所の花を見せ、さらに兵法の一大事を残さず伝えようと、様々な奥義を伝えた。大天狗は小天狗達に打ち太刀を務め、牛若の稽古の相手となるよう命じ、稽古も済んだので大天狗にその様子を伝えようとシャベリ、常座から橋掛り入り口へと移り、幕方に向かい大天狗に声をかけて退場します。
さてこのつづきはまた明日に
** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2179-de92ca0d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。