FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鳥追 大坪喜美雄(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2006.10.14
 シテ 大坪喜美雄、子方 佐野幹
  ワキ 工藤和哉、アイ 深田博治
   大鼓 國川純、小鼓 曽和正博
   笛 小野寺竜一


鳥追は五流にありますが、宝生以外では鳥追舟といいますね。
四番目物の人気曲の一つで良くできた能だと思います。


九州薩摩の「日暮の里」の領主である日暮の某は訴訟のために都に上り、はや十年以上が経っています。
残された妻と、子の花若は、日暮殿の家人である左近尉(サコノジョウ)の世話になっています。
しかしさすがに十年を過ぎて、左近尉ももう面倒が見切れないと、田の鳥追いをするか嫌なら出て行ってくれと迫ります。
これが物語の発端になりますが、シテはこの日暮殿の妻で、子方を伴っての登場となります。


一方、左近尉はワキ方が演じますが、やがて登場してくる日暮殿もまたワキ方です。
この両者はいずれも大変重い役で、どちらをワキにし、どちらをワキツレにするかは微妙なところ。流儀によって違ってきます。


下掛り宝生では、先に登場してくる左近尉をワキにしていて、この日は工藤和哉さんが勤めました。
一方の日暮殿は高井松男さん。ワキツレの扱いですが両ワキと言っても良い感じですね。


福王流だと左近尉がワキツレで、日暮殿がワキ。観世の謡本でも最初に出てくる左近尉にワキツレと表記されています。
隣の方が宝生流の謡本を広げていまして、失礼ながらそっと覗き込んでみたところ、当然のことですが左近尉に「ワキ」と表記されていました。
さて物語の展開は明日につづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/218-7dec279b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。