能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鞍馬天狗さらにさらにつづき

一声の囃子で後子方の出。白大口、水衣は薄い萌黄だったように思うのですが、白鉢巻きを締め右手に長刀を持っての登場です。常座で謡った後、地謡で子方はワキ座に進み、長刀を立てて後シテの出を待ちます。

大癋(おおべし)の囃子で、白の袷狩衣に白の水衣、白頭に兜巾を着けて鹿背杖を突き、後シテ大天狗が登場してきます。
常座に立ったシテは「そもそもこれは鞍馬の僧正が谷に年経て住める大天狗なり」と謡い、地謡と掛け合いで供の天狗を従えている様子を謡います。「飯綱の三郎富士太郎」と幕に向かって二ノ松で回り正へツメ「外までもあるまじ」と左袖を巻いて「辺土においては」と舞台を見込みます。袖を直し「我慢高雄の峯に住んで」でゆっくり右へ回って三ノ松。さらに「霞と靉き雲となつて」と左の袖を被き「月は鞍馬の僧正が」と謡います。
地謡が続け、面を切ったシテは「谷に満ち満ち峯を動かし」の謡に合わせて下から見上げる風。一度幕前まで下がってから、ササッと舞台に出、常座で杖を捨て「天狗倒しは夥しや」と子方に半身で決める形です。

シテは子方と言葉を交わし、物語を聞かせようと言って正中に進み、右手に羽根団扇を持って床几に腰を下ろすと、張良と黄石公の話を語り始めます。
能「張良」の話そのままの謡。あるとき黄石公が馬上で左の履を落とし、張良にとって履かせよ命じる。張良は納得いかないものの履を取って黄石公に履かせるが、別の日、今度は黄石公が左右両方の履を落とし、再び取って履かせよと命じた。安からず思った張良だが、一大事を相伝するためと思い、落ちた履を取り上げた、とシテは語り、「落ちたる沓をおっ取って」で立ち上がって、地謡の「張良履を捧げつつ」で沓を取り上げる型。
正面を向き、「石公に 履かせけるにぞ心解け」で下がって再び床几に腰を下ろし、「奥義を伝えける」と子方を見込みます。

シテは「その如くに和上臈も」と謡い、地謡に合わせ「姿も心も荒天狗を」と四つ拍子。子方を向いて正に直し、「優しの志やな」で再び子方を見込みます。

続く「そもそも武略の誉の道」は床几のまま足拍子を踏みますが、常ならばこの後入る舞働は小書のため省略されます。
さてこのつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2180-9d32943d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad