能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清経もう一日のつづき

諸般あって二日ほど間が空いてしまいましたが、鈴木さんの清経、最後の部分です。
************************************************
地謡が宇佐八幡に参籠した経緯を謡い、続けてシテが「世の中の うさには神も なきものを なに祈るらん 心づくしに」と謡った後、地謡を聞いて、「さては仏神三宝も」と謡って手を打ち合わせます。
正に直すと「力を落として足弱車の」で立ち上がり、二、三足出ると六足ほど下がり、座して両手を突くと片シオリ。

ここからクセの謡となりますが、「かかりける所に・・・」という出だしでシテは立ち上がります。
清経のクセキリは仕舞でもよく見かけるので詳しくは書きませんが、「あぢきなや」の上げ端までは、正先から角、大小前と回り、常座から正先へと打ち込んでの上扇です。

さらに大左右から正先、常座と移り、「待つことありや暁の」と抱え扇。角へと出て開キ、閉じた扇を腰のあたりから取り出す形で「音も高らかに吹き鳴らし」と笛吹く型。
拍子を踏んで角へと進み、さらに大小前へと進んで舞台を廻ります。

「いざや我も連れんと」と合掌すると「南無阿弥陀仏弥陀如来」の謡に六拍子を踏み、舞台を廻りますが、「舟よりかっぱと落ち汐の」で拍子二つ踏んで入水した形。常座に安座して「憂き身の果てぞ悲しき」とシオリます。
ツレが「聞くに心もくれはとり・・・」と謡い、シテは「いふならく奈落も同じ・・・」と謡ってキリの謡に続いていきます。

「さて修羅道にをちこちの」という謡い出しは、何十年か前に初めて聞いたときからずっと心に残っています。このキリの謡で、「まことは最期の十念乱れぬ御法の船に」と突然のように清経の成仏が謡われ「清経が仏果を得しこそ有難けれ」留めになります。

鈴木さんが今回の解説に書かれたように、これって清経の妻からみたらどうなのよ・・・というところではありますね。
能自体が、元々は神に、後には上つ方にお見せするものだったためなのか、無理矢理にでも最後は成仏・・・というケースが多いのは確かなのですが、それにつけてもこの清経の留は確かに考えさせられるものでは、あります。
(62分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2187-b51b9759

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。