能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟻通のつづき

一日、間が空きましたが・・・
舞台中央で向き合っての次第の後、ワキの名乗り。紀貫之と名乗り、住吉玉津島に向かうため紀の路の旅に赴く旨を述べて道行。
型通りに、道行の所作をみせ「里近げなる鐘の声」とおさめると、ワキツレ二人はススッとワキ座に進んで着座し、一方のワキは「あら笑止や」と声を上げます。

「乗りたる駒さえ伏して 前後をわきまえず候は如何に」と謡いつつ、ワキ座前で安座し、倒れ伏して動かなくなってしまった馬を気遣う態で見回します。「あら笑止や候」まで語り終えると立ち上がり、ワキ座に型通りに着座してシテの出を待つ形になります。

大小アシライでシテの出。
白大口に茶系の水衣を肩上げにし、左手に傘、右手には灯籠を持って姿を現します。
幕前で灯籠を上げてゆっくり歩み出し、一ノ松まで至ると正面を向き、一度、手に持った灯籠を上げて先を照らす風。手を下げてサシ謡の謡い出しです。

さて朝倉さんの演能の際にちょっと触れましたが、三宅襄さんの聞き書き「能楽藝話」の中に、金剛右京さんがこの蟻通について、松明を振っては傘が焼けてしまうから、燈籠を持って出るべきと語っていたという話が出てきます。
とは言え現在では、およそこの曲のシテは松明を持って出るのが定番になっていると思うのですが、この日は珍しく灯籠を持っての出。本田さんも松明を振った記憶がありますので、ここは流儀の・・・というよりもシテ金記さんの工夫なのかと想像します。

さてシテは謡いつつ「社頭を見れば灯もなく」と灯籠を上げて舞台を見やり、さらに「神は宜祢が習わしとこそ申せ 宮守一人も見えぬ事よ」と再び灯籠を上げて二ノ松方を見回して直し、「よしよし御灯は暗くとも」と舞台に向かい歩み出します。
シテ柱を過ぎ「あら無沙汰の宮守どもや」と謡いつつ、常座からワキ正まで進み出ます。
ここでワキが声をかけますが、シテはこのあたりには宿もないので、先へ進むようにと告げます。
シテ、ワキのやり取りが続きますが、さてこのつづきはまた明日に
** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2194-e7fd9efe

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。