能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

蟻通さらにさらにつづき

クセは居グセ。短い詞章は和歌の効用を謡い、上げ端のところでワキが「かかる奇特に逢坂の」と謡って立ち上がります。
私、うっかりしてこのクセはワキが上げ端を謡って立ち上がり、その後はワキの仕舞の形になる・・・と思い込んでおりまして、これまでの鑑賞記でもそう記してきたのですが、ふと気になって観世の本にあたってみると上げ端はシテの謡になっています。

考えてみれば、この蟻通を観世流で観たことがありませんでしたので、仕方ないかとも思うのですが、どうやら観世流のみ、ここはシテが謡う形になっている様子です。
実際の上演でどうされているのか、観ていないのでなんとも言えないのですが、基本はシテが舞う形でしょう。
宝生もワキが謡う形だったので、てっきりそういう曲と思っていたのですが、どうも観世流だけ違うという、時々ある形のようです。個人的には、ここはワキが舞う方が面白いと思うのですが・・・

ともかくもワキは駒を引き立てる所作をみせ、立ち上がった馬を見送る形から、馬が生き返った奇特に感じ入った態でシテを見込み、両手を突いてシテを拝する形でクセを終えます。
ワキはシテに祝詞を読むよう求め、これを受けてシテは後見座に向かい、御幣を受け取ってワキ正から大小前へ。二、三足出て着座するとノットの打ち出しです。

シテは幣を右膝に立てて祝詞を読み、途中「御神託に任せて 猶も神忠を致さん」と両手で御幣を捧げ、再び幣を膝に立てて、神慮をすずしむるには和歌が最良と謡います。
シテの謡のうちに太鼓が打ち出され、「神の岩戸のいにしへの袖」で立ち上がると、「思い出でられて」と聞いて立廻です。

立廻りの後も、ゆったりと謡い舞いし、「仮に姿を見ゆるぞとて」と正中で開キ。そのまま橋掛りへと向かいます。常座で御幣を捨て、そのまま橋掛りを進んで幕に。ワキは立ち上がって常座までシテを追う形から、一度正中まで戻り、再び常座に進んでユウケンし、留拍子を踏んで終曲となりました。
(56分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2196-87d79b47

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad