能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清経のつづき

ツレとワキのやり取りですが、先日の鈴木啓吾さんの清経の鑑賞記に書いたように、下掛宝生のワキと上掛のシテだと、ここのやり取りはなんとなくしっくりしない感じになってしまいます。
今回は下掛のシテなので、ここはワキ方の謡本と基本的に同じ展開でやり取りが進み、地謡の下歌「何事もはかなかりける世の習い」でツレがシオリ、上歌「此の程は 人目をつつむ我が宿の」でワキが面を上げて、常の下居の形になり、正面に向き直ります。
地謡のうちにワキは扇を広げて置き、首に懸けた守り袋を外すと扇に乗せます。

ワキは「御身を投げ給いて後、船中を見れば」と立ち上がり、ツレに寄ると守り袋ををツレに手渡します。
しかしツレは「これは中将殿の黒髪かや・・・」と謡い「うさにぞかえす本の社に」と謡って守り袋を置いてしまい、地謡がそっとこれを下げます。

地謡の「涙とともに思い寝の」あたりでワキが立ち上がると地謡前に座し、笛方が常の位置から前に出て幕の方を向きます。恋ノ音取の小書により、特別な形になる訳です。一度目の「枕や恋を 知らすらん」で笛方が笛を構え、繰り返す「枕や恋を知らすらん」を聞いて、静かに笛を吹き出します。

笛の吹き出し、静かな笛の音に合わせるように、幕が上がりしばし半幕のままにおかれてからゆっくり幕が上がります。
笛の音が途絶えるとシテが歩み出し、再び笛が高音で吹き出しても少しの間は歩み続けて幕前でツレを見込んで歩みを止めます。
笛の音がやむと再びシテは歩み出しますが、二ノ松の少し手前を進むあたりで笛が吹き出し、シテは笛の高音を聞きつつ二ノ松を過ぎて一度歩みを止めます。
さらにゆっくり四足ほど出たところで笛の音がやみ、シテは向きを少しだけ換えて歩み出し一ノ松へと向かいます。
シテが一ノ松の少し手前あたりにさしかかると笛が吹きはじめ、シテは一ノ松に立ちます。笛の音がやみシテが正面を向くと、再び笛の吹き出し。シテは歩み出して笛の音を聞きつつ舞台に入り、常座に出て二足ほど下がり「聖人に夢なし」と謡い出します。
メモのままに音取の様子を書いてみました。きちんと記録できたかどうかいささか心許ないのですが・・・
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2201-dbaba8bd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。