能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清経さらにつづき

音取のところの笛とシテの動きですが、昨日記載した通り金春の音取では笛の音が止んだときにシテが動き出します。
当日いただいた解説に笛方の小野寺竜一さんが寄稿されています。他の流儀では笛が吹き始めると動きだし、やむと止まる形で、笛の音に引かれて清経の霊が姿を現すという感じなのに対し、金春流は、笛が止んでいる間に動き出し止むと止まったりと動きに変化がある。笛の音に引かれて出てくるというよりも、自らが笛を吹いているが如く出てくるような心持ちなのではないか・・・と書いておられます。
いずれにしても金春のこの出方は独特の形のようです。

さてシテがサシを謡出し「眼裏に塵あって三界すぼく」のあたりで笛方がもとの笛座に戻ります。シテは「行くも 帰るも閻浮の故郷に」と幕方を見込み「夢てうものは 頼み初めてき」と謡い納めて「如何にいにしえ人」とツレに向いて言葉をかけます。

ここからシテ、ツレの言い合いになる訳ですが、たしかに互いにやや詰問する感じはありますが、全体の印象としては言い合いというよりも、もう少し穏やかで、かつ複雑な思いのやり取りを感じたところです。
ツレ「われは捨てにし命の恨」シテ「互いにかこちかこたるる」ツレ「形見ぞつらき」二人「黒髪の」と謡って地謡に。
シテは開いて拍子二つ踏み、シカケ開キから六拍子。「恨むれば独り寝の」とツレに向いて正中に出、扇を右手にシオリ。舞台を廻って大小前。「忘れるる事もありなんと」とシカケ開キ、「思うもぬらす袂かな」とツレに三足ほどツメます。

「西海四海の合戦の物語申し候はん」と言って床几に腰を下ろし、「さても一門は九州山鹿の城へも・・・」と合戦の様子を語り出し、さらに地謡と掛け合いで、柳ヶ浦に仮の皇居を営み、宇佐八幡に参詣して、神馬七疋外金銀など種々の捧げ物を奉ったことを謡います。
これを受けてワキが「世の中のうさには神も なき物なり 何祈るらむ心づくしに」と謡います。先日、鈴木啓吾さんの鑑賞記にも書いたように、観世ではシテが姿を現す前にワキは切戸口から退場してしまい、この「世の中の」の歌はシテが謡います。宝生も同じく「世の中の」はシテの謡になっていますが、下掛各流ではワキが舞台に残り、この歌を謡い上げる形になっているようです。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2202-946dd11c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。