能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

清経さらにさらにつづき

ワキの謡をシテが受け、地謡が続けて「弱りはてぬる 秋の暮かな」と謡うと、シテは手を打合せ「さては」と一声。地謡が「仏神三宝も」と続け、シテは立ち上がって六足ほど出てまた「足弱車のすごすごと」と下がって下居、「還幸なし奉る」と両手を突き「あはれなりし有様」の謡に片シオリです。

クセ「かかりける所に」で立ち上がり、正先に打ち込んで足拍子。クセの舞になっていきます。「追い手顔なる跡の波」で幕方を向いてサシ、橋掛りへと進みます。
「白鷺の群れ居る松見れば」と一ノ松で雲扇。
「さるにても八幡の ご託宣あらたに」で向きを換えて舞台に戻り大小前へと進みます。「誠正直の 頭にやどり給う」の謡に扇を上げて打ち込んで開キ、打ち込んで上げ端で上扇。「なお置き顔に浮き草の」の地謡に大左右して正先へと、クセの舞が続きます。

「腰より横笛抜き出し」の謡に、扇を笛のように構え「音もすみやかに吹き鳴らし」と笛吹く心。その後、扇を広げて舞台を廻り、大小前から正先へ、さらに舞台を廻って「よそ眼にはひたふる狂乱と」と大小前で小廻りして開キ。「西に傾く月を見れば」で地謡の方を見込んで正に直し「我も連れんと」と合掌。
「南無阿弥陀仏」の謡を聞いて七つ拍子。大小前からワキ正へ出て「舟よりかっぱと」とノリ込んで大小前へ。ガッシして安座。「うき身の果てぞ悲しき」とシオリます。

ツレが謡い、シテはこれを受けて「いうならく 奈落も同じ うたかたの あわれは誰も かわらざりけり」と謡って右手を上げ、「さて修羅道に遠近の」と腰を浮かせます。
地謡が「さて修羅道に遠近の」と繰り返すとシテは立ち上がり、大小前で小廻り。
「月は清剣」と雲扇。「驕慢の剣をそろえ」で太刀を抜き、舞台を廻ると笛座から大小前へ。
「乱るる敵」と一つ打って太刀を捨て大小前へ。
「御法の舟に」とツレに寄り、「げにも心は清経が」で常座に小廻り。正面向いて合掌して「有難けれ」と斜め向いて留拍子を踏み終曲となりました。
附け祝言は高砂。充実した時間を感じた一番でした。
(80分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2203-e0e3c84f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad