能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

班女 笹之伝 津村禮次郎(緑泉会例会)

観世流 喜多六平太記念能楽堂 2015.09.05
 シテ 津村禮次郎
  ワキ 殿田謙吉
  ワキツレ 梅村昌功 高井松男
  アイ 三宅右近
   大鼓 亀井広忠、小鼓 鵜澤洋太郎
   笛 寺井宏明

狂言口開、アイ野上の宿の長、右近さんが登場し常座にて語ります。

このブログでは、班女の鑑賞記をこれまで三度ほど書いておりまして、これまでの記載も併せて参照いただければと思います(能の鑑賞記の索引)が、アイは自分の抱える遊女花子が吉田の少将と契を交わして以来、交換した扇を眺めてばかりで勤めを怠っているので、皆からは班女と呼ばれており、差し障りもあるので追い出そうと思う旨を語ります。
班女・・・これも何度か書きましたが、前漢の成帝の寵姫であった班婕妤にちなんでのこと。彼女が帝の愛を失った我が身を扇にたとえた詩を作ったことから、皆が花子に班女とあだ名を付けたという訳です。

ところで狂言口開と書きましたが、間狂言が能の冒頭で登場し語ることで場面、状況設定を行うもので、現在能を中心に十数曲が数えられます。一曲の雰囲気を決めてしまうことになるため、狂言方としては重い扱いをしているようです。
今回の右近さんも、舞台を引き締めるような重い語り出しで、徐々に運びを早めて場を盛り上げていった感じです。

ともかくも、花子を「追い出し申さばやと存ずる」と言い切ったアイは、常座から立ち位置を変えて橋掛りの方へ向き、幕に向かって花子に早く出てくるようにと言って一度正面に向き直ります。
しかし再度橋掛りを向くと、花子の出を急かすように「えーい しんまくやの しんまくやの」・・・「慎莫」でしょうか、始末をキチンとするといった意味だと思うのですが、むしろ慎莫に負えない、慎重すぎて手に負えないくらいの意味なのか、その歩き様を見ているだけで腹立たしいといったことを言い募りワキ座へと下がります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2219-0c034ae1

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。