能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

班女のつづき

散々アイに急かされながらも、シテ花子はゆっくりと橋掛りを歩んで常座に出、下居します。
アイはワキ座に下居してシテを待っていますが、シテが座すと宿から追放すると言い、どこへなりとも出て行くようにと言ってシテに寄ります。まだその扇を持っているのかと、シテの扇を取り上げてたたきつけ、腹立ちやと言いながら退場しました。

シテは白ないし薄い黄の地に扇の文様を散らした唐織で、ゆっくりと扇を取り直し「げにやもとよりも定めなき世と云いながら 憂き節しげき川竹の 流れの身こそ悲しけれ」と謡ってシオリ。
地謡の下歌から上歌に。立ち上がったシテはゆっくりと右に向き、三足ほどワキ正に出て、下がりつつシオリ。そのシオリの形のまま退場します。
大小アシライでの中入となり、短い前場を終えます。

次第の囃子、ワキ吉田少将とワキツレ従者の登場。
ワキは風折烏帽子、白大口に長絹を着け、いささか身分ある人物の態。ワキツレ二人は従者らしく素袍上下です。
向き合っての次第、都への帰り道と謡って名乗り。道行の謡で野上の里についたと謡い、着きゼリフとなります。

ワキがワキツレを呼び出し、花子の消息を尋ねさせますが、長との不和で行方が知れないとの報告。ワキは、花子が戻ってきたなら都に知らせるようにと命じ、このやり取りの後、正面を向いて一呼吸。
急ぐうちに都に着いたと言って、この一呼吸で、舞台は美濃国野上の宿から、一気に都へと場面が代わります。

ワキは糺に参ると言って、ワキ座へと向かい、糺の森、下鴨神社にやって来た態で床几にかかります。ツレも地謡前に控えて、一声の囃子となりますが、さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2220-e15e06f0

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。