能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

班女さらにつづき

長い一声の囃子のうちに、唐織脱下げに右肩に笹を担ったシテが登場し、一ノ松にて一声を謡い出します。

一声「春日野の雪間を分けて生い出でくる 草のはつかに見えし君かも」を謡ったシテは、「よしなき人に馴衣の」と詞を謡いつつ笹持つ手を差し出し、直してさらに「夕暮れの雲の旗手に物を思い」でも少し笹持つ手を差し出す形。

「神や仏も憐れみて 思う事を叶え給え」と二足程ツメて向きを変え、「しれ足柄箱根玉津島」と謡いつつ舞台に進んで常座へ。
「守らんと誓いおおわします」で開キ、常座に下居。笹を置いて「この神々に祈誓せば」と合掌します。

「謹上 再拝」と調子を高く取って謡い「恋すちょう・・・」と謡いつつ笹を取って立ち上がり、地謡の謡い出しに足拍子を一つ踏み、ワキ正へ出てさらに足拍子。常座へ下がるとカケリとなりました。
カケリでは、一度ワキを見込んで角に出て角トリ。左へ廻って大小前、足拍子を二つ踏んで正中へ打ち込むと、足拍子踏んで開キ。笹を肩に担い、角から常座に戻って小廻り。サシ込んで開キ「あらうらめしの人ごころや」と謡ってシオリます。
狂女の態の真骨頂という部分ですが、さらに直してサシの謡。
続く地謡の下歌、上歌に舞台を廻り常座に立ちます。

ワキツレが立って声をかけます。何度も書いているように、吉田の少将に随行して東に下り戻ってきて糺へとやって来たばかりの従者が「今日は何とて狂わぬぞ」というのは妙ですが、このあたりの整理が能の能らしいところで、おそらくは登場人物を一人整理したためでしょう。
このワキツレとのやり取りから地謡となり、ワキツレは下居。シテは二、三足程出て正中で開キ、笹でサシ、正中に出て下居しクリになります。
地謡の流れるような謡の中、シテは笹を置いて座しサシ。そしてクセへと謡が続きます。さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2221-46c0f5eb

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。