能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

班女さらにさらにつづき

クセは暫し地謡を聞き「比翼連理の語らい その驪山宮の私語も」と聞いてシオリ。「さるにても我が夫の」で笹を持って立ち上がり、常座を廻って「夕べの数は重なれど」で橋掛りへ。
一ノ松を過ぎたあたりで「頼めて来ぬ夜は積もれども」と正に向き直り、「欄干に立ち尽くして」と一ノ松まで出て、笹を右に抱え「其方の空よと眺むれば」と遠く眺める気色。そこから舞台に戻って「山颪」で正中あたり。ワキ正を見て笹を落とし「音信を何時聞かまし」と正を向きます。

扇を懐中から出して広げ「せめてもの 形見の扇手にふれて」の上げ端で大左右に。
「秋風冷ややかに吹き落ちて団雪の」とワキ正から正先へ打ち込んで開キ、「扇も雪なれば」と扇を前に出して見込んで開きます。

舞台を廻って常座でサシ込み開キ。六拍子を踏んでサシ、角へ。扇をカザして左へ廻ると「思いつづけて独居の」と大小前左右。地謡の「絵に描ける」で扇を閉じ、常座から大小前へ進み中ノ舞の舞出しです。

中ノ舞を常座で舞上げるとワカ。「持ちたる扇」と上扇。角に出て扇を左に取り、舞台を廻ります。
班女の舞アトは仕舞でもお馴染みですが「形見の扇より なお裏表あるものは人心」と扇の裏、表を反す型は印象に残るところ。「逢わでぞ恋は添うものを」と下居してシオリ、ワキの詞になります。

ワキに命じられたワキツレが、シテに扇を見せるように求めますが、シテは「人に見する事あらじ」と懐中に扇をしまい込みます。
ロンギ。ワキツレがワキに寄り、扇を預かってシテに向くと「輿の内より」とシテは謡いつつ立ち上がり、同時に立ち上がったワキツレから正中で扇を受け取り「折節黄昏に」で扇を広げ「花を描きたる扇なり」で扇を左に抱えます。

シテは立ち上がるとワキに寄り、懐中から扇を出して渡し、二人が扇を広げて「御覧ぜよ互いに」と扇を見せ合う形。シテは立ち上がって正中に出、羽根扇。
常座に廻って留拍子を踏み、終曲となりました。
(80分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2222-80c5fab9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。