能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当麻のつづき

曲によるのですが、ワキの詞章に流儀による異同の多い曲と、ほとんど異同の無い曲がありまして、本曲は割合違いのある方です。世阿弥作といわれていますが、どの辺りでこうした異同が生じてきたのか、気になるところではあります。

さて次第の後、ワキの名乗り。西国の聖と言いますが、上掛の本では念仏の行者としています。三熊野に参った帰り道で大和路にかかり、上掛では当麻の御寺に参ろう、下掛では都へ上ろう、と言って道行の謡。
道行も上掛と下掛では若干違って、謡い出し、上掛では「程もなく 帰り紀の路の関越えて」ですが、下掛は「捨人の衣も同じ苔の道」となります。その後は「こや三熊野の岩田川・・・」と同じになりますが、下掛は途中「夜昼わかぬ心地して」の後に「和泉の杣木たなびくや」の一句が挿入されています。

ともかくも「二上山の麓なる 当麻の寺に着きにけり」と謡って当麻寺に到着。ワキの着きゼリフの後、ワキ一行はワキ座に着座し、シテを待つ形になります。

一声の囃子、先に前ツレ女が紅入唐織着流しで出て一ノ松に、後から前シテ老尼が登場し幕前に立って謡い出し。前シテは無紅唐織着流しに薄黄の花帽子を着け、右手に杖を持っています。
シテの謡「一念弥陀仏即滅無量罪とも説かれたり」、ツレが高めに調子を取って「八万諸聖教皆是阿弥陀ともありげに候」と続けます。

当麻寺は奈良時代の創建当初は、学問寺院として三論宗を中心に南都六宗が兼学されていたようですが、平安時代になると真言宗に改宗します。平安末期に一度焼失し寺勢が衰えたものの、その後鎌倉期に入って再建され、さらには浄土教団の信仰を集めて、やがて浄土宗が同居するようになります。寺伝を拝見すると応安3年(1370年)のことだそうです。
本曲は世阿弥晩年の作ではないかと言われますが、世阿弥の没年は嘉吉3年(1443年)とされているので、当麻寺では真言宗と浄土宗の同居が定着してきた時期と推測されます。シテ、ツレの謡もこうした事情を反映してのものと思われますが、「一念弥陀仏即滅無量罪」の句は、一遍上人語録にもあるようで、時宗との関係深い世阿弥自身の思いで書かれた詞章なのかも知れません。

シテ、ツレの掛け合いから、シテ「すずしき道は」二人「頼もしや」と謡って歩み出し、舞台へと進みます。さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2230-4cd01224

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。