能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大晦日にひと言

毎年、大晦日を迎える度にひとこと書いていますが、今回がちょうど十回目。なんだか感慨深いものがあります。

学生時代にサークル活動で能楽の世界を垣間見て以来、四十年以上の月日が流れました。一観客として・・・能楽とふれあってきましたが、あまりに奥が深くて、まだ入り口あたりをウロウロしている状況です。
今年は昨年にもまして身辺が慌ただしく、日々、仕事や家事に追われてしまった感がありますが、それでも今年の観能は能が22番、狂言が10番と、昨年の倍近くにはなりました。いずれにしても数の問題ではないので、機会があれば、その機会を楽しもうと心がけています。

このブログも、おかげさまで間もなく満十年。ヒット数もいつのまにか36万を超えました。これもまた、読んで下さる皆さまのおかげと思っています。

このところ、稀曲の類を観ています。
別に拘りを持って「全曲制覇」などと言うつもりはないのですが、やはりまだ観たことのない曲は観てみたい、すると自然、稀曲の類になってしまうという次第です。
谷行は、もしかすると観ることができずに一生を終えるか・・・と思っていたのですが、今年はとうとう拝見することが出来ました。

しかし山崎有一郞さんが、どこかに書いていたように、どんな曲もその場限りで、二度、三度と観てもけっして「同じ」ということはありません。
一期一会の言葉のように、全ての一番一番を大切に観たいと思っています。

観能記の方は、なかなか手を付けられずに遅れ遅れでなんとか書いていると言う状況です。十二月はベトナムからの出張帰り、羽田から直接、宝生能楽堂に向かい、宝生の月並能を観ました。これが今年最後の観能ですが、この観能記は年が明けてからになります。
とは言え来年も、なんとか時間の都合をつけつつ、舞台を観ていきたいと思っています。

皆様、どうぞ健やかに新年を迎えられますよう、お祈りいたします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2234-70928cff

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad