能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老松 大坪喜美雄(宝生会月並能)

宝生流 宝生能楽堂 2015.12.13
 シテ 大坪喜美雄
  ツレ 高橋憲正
  ワキ 殿田謙吉
  アイ 河野佑紀
   大鼓 安福光雄、小鼓 幸信吾
   太鼓 観世元伯、笛 寺井宏明

平成27年最後の観能は、13日の宝生会月並能でした。
一曲目が老松。宝生の老松は2008年に今井泰行さんが舞った際の観能記(鑑賞記初日月リンク)をブログに載せていますので、重複する部分も多いのですが、ともかくも舞台の様子など記しておこうと思います。

まずは地謡、囃子方一同が着座すると笛の吹き出し、真ノ次第でワキの登場です。
いわゆる大臣ワキで殿田さんが重々しく登場し、ワキツレ赤大臣は大日向さんと御厨さん。舞台に進むと中央で向き合い、次第の謡になります。
脇能ですので次第は三遍返し「関の戸さゝで通わん」と謡い納めてワキツレが下居、ワキの名乗りです。

都の西、梅津の何某と名乗り、北野を信じて常々参詣しているところ、筑紫安楽寺に参るようにとの霊夢を得たので、九州に赴くところと述べて道行。
道行の謡「上野に通う春風の 上野に通う春風の 音も吹井の浦伝い 明石の戸よりかくよりて実に定めなき旅の空 なお遥かなる播磨潟室のとも君きぬぎぬの 朝妻舟やしらぬひの 筑紫の地にも着きにけり 筑紫の地にも着きにけり」

以前、観世銕之丞さんが紅梅殿の小書着きで上演された時(鑑賞記初日月リンク)に、この道行を聞き書きして「吹飯の浦伝い」と書き取りました。この「吹飯(ふけい)」ですが、昭和10年宝生新編の下掛宝生本をみると「吹井」と書かれています。同じ読みの「ふけい」ですが、「吹飯」は大阪府泉南郡岬町深日の海岸とされており、一方で「吹井」は和歌山県日高郡由良町吹井、万葉集にも詠まれた湯羅のあたりです。
その後の行程が、明石から播磨へ向かい、室津を過ぎて筑紫に向かう海道ですので、これは「吹飯」の方が道筋であろうと思います。

ともかくもワキは筑紫安楽寺に着いたので、人が来たなら名木の謂われを尋ねようと着きゼリフ。ワキツレが然るべう候と答えてワキ座に着座し、シテの出を待つ形になります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2235-38bb0667

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。