能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老松のつづき

真ノ一声で前シテ、前ツレの出。
ツレ若い男の高橋憲正さんが、白大口に無地熨斗目、緑系の褸水衣、右手に箒を持って先に立ちます。後からシテの出、こちらは白大口に小格子厚板、茶系の絓水衣で杉箒を肩に担っています。

シテ、ツレの一声、ツレ二ノ句、同吟と続きますが、シテ大坪喜美雄さんの宝生らしい渋い謡と、憲正さんの二ノ句の謡の対比が何ともいえず良い雰囲気です。
脇能の前場は、老人のシテをメインに据えて謡を主体とした展開が普通ですが、正直のところ、あまり楽しんだことはありません。後場への期待を膨らませつつ耐える・・・といったことが多いのですが、時々、謡を聞いていて引き込まれてしまうこともあります。この日の前場は、そういう雰囲気を感じました。

シテ、ツレは老松、紅梅殿にちなんで、梅や松を織り込んで春を迎える気分を謡い、下歌、上歌と謡って「惜まるゝ花盛 手折りやすると守る梅の」あたりで立ち位置を入れ替え「梅の花垣を囲はん」と謡い納めつつ、シテ正中、ツレが角に進み、これに合わせてワキが立ち上がります。

ワキが声をかけ、飛梅はどの木かと問います。シテは梅の木の所在はさておいて、飛梅ではなく「紅梅殿」とあがめて呼んでいると答え、まずはこちらの松をどう見るかと問い返します。ワキは階の先を斜めから見込む形になり、注連縄を引いた松を見る心。

シテ、ツレの謡で紅梅殿に注意を向け、地謡。ツレはシテの後ろを回って笛座前に、ワキはワキ座に着座します。
ワキが「まづ社壇の体を拝み奉れば 北に峨々たる青山あり」と謡い「朧月松閣の中に映じ」と続けます。シテは正中に下居し、肩上げを下ろして地謡を聞き「左に火焔の輪塔あり」と謡って再び地謡。

さらに当社の様子が謡われて、クセの謡へと続いて行きます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2236-114ec1e7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。