能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

老松さらにさらにつづき

アイが下がるとワキ一同の待謡。
一行は立ち上がると舞台上に向き合い「嬉しきかなや いざさらば」と謡い出します。
「この松陰に旅居して 風も嘯く寅の時 神の告をも待ちて見ん」と謡い納めて、一同はワキ座に並んで下居。後シテの出を待ちます。

銕之丞さんの、紅梅殿の小書付での上演では、鑑賞記に書いたように後ツレ紅梅殿が登場します。その方が華やかであることは間違いないのですが、小書無しでは老体のシテのみが舞う形。
出端の囃子が奏されて後シテの出となります。

出端も、シテが老体のためか、心持ちゆったりと奏される感じです。
幕が上がると後シテが、薄緑の色大口に、白地に金の袷狩衣、白垂に初冠を着けて舞台へと進みます。そのまま常座まで出て開キ「如何に紅梅殿 今夜の客人をば 何とか慰め給うべき」と謡って地謡に。

シテ、地謡の掛け合いで謡い継ぐなか、シテはサシ込み開キ、左右打込、開いて袖の露を取り「舞楽を備うる宮寺の 声も満ちたる 有難や」の地謡に、後見方を向いて常座に行き、正面に向き直ってサシ込み開キ、答拝して真ノ序ノ舞の舞出しです。
老松の精だから老体ということにはなりますが、神とあがめられる以上は、老体であっても老いの衰えが出てしまうべきではないのでしょう。
大坪さんの舞は、ゆったりと老体の雰囲気を出しつつも、脇能の後場らしい神々しさを感じさせました。

真ノ序ノ舞を舞上げるとワカ「さす松の」と一声謡って上扇。地謡と交互に謡い継ぎ、地謡の「松の千代に八千代に」で出て「さざれ石の巌となりて」と左の袖を返し「苔のむすまで」と目付柱に向いて雲扇。
左へ回って大小前にて左右、打込開キ「行く末護れと我が神託の」で正中に出、両袖巻いて後ろを向き大小前から常座に行き、小廻りして開キ「久しき春こそ めでたけれ」と留拍子を踏んで終曲となりました。
(93分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2238-94c01c01

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad