能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

玉井のつづき

さて、囃子方、地謡が座に着くと桂の立木台が運び出されて、ワキ座の斜め前あたりに据えられます。観世の装束付けには桂立木丸台とわざわざ書いてありますが、今回の喜多流は角の立木台を出すようです。
さらに四角い井筒が持ち出され、こちらは正先、階からやや左の目付柱寄りに置かれます。

大鼓方は着座したまま小鼓方のみが床几にかかり、笛が音取を吹き出します。ひとしきり笛が奏されると今度は小鼓の置鼓。音取と置鼓が繰り返された後、幕が上がって大鼓方も床几にかかり、ワキが幕を出て橋掛りを進み、舞台に入ります。
白大口に紺地の袷狩衣、唐冠を着けた姿で舞台を正先まで進み、正中まで下がってサシ謡。続いて出た赤大臣姿のワキツレは、シテ柱のわきに控えます。

この曲はいわゆる海幸・山幸の話を能に仕立てた一曲です。
そんな訳でワキが山幸彦にあたる彦火火出見尊、名もなき僧や当今の臣下といった神や幽霊の来臨を見る人ではなく、自らが物語の主人公となる人です。いわゆる大臣ワキではないので、半開口という特殊な形になるということのようです。

サシ謡に続いて、ワキは兄から借りた釣り針を魚に取られてしまったので、兄に子細を話したが許してもらえず、剣を釣り針に作り直して返しても、元の釣り針を返せと責められたため、海中に入って釣り針を探そうと思う旨を述べます。

続けてワキは「わたづみのそことも知らぬ塩土男の・・・」と謡いつつ地謡座前に進み、これに合わせてワキツレも舞台に入って舞台中央で向き合う形になって同吟。
「直なる道を行く如く」と謡い出し道行の形で「広き真砂に着きにけり」と謡い納めて、ワキは常座に、ワキツレはワキ座あたりに着座します。

ワキは常座に立ち、塩土男の翁に教えられた通りにわたづみの都にやって来た。ここに瑠璃の瓦を載せた門があり、門前に玉の井がある、と言いつつ井筒のあたりに目をやります。
さらに桂の木がある、と言いつつ立木台に目を向け、木の下で暫く様子を見てみようと言って、立木台をすり抜けてワキ座に着座します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2246-f2831a01

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad