能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

玉井さらにつづき

真ノ一声の囃子が奏されて前シテの出。
ツレが先に出て一ノ松にて向き直り、後から出て三ノ松あたりに進んだシテと向き合って一声の謡です。シテ、ツレとも紅入唐織着流し。

一声、ツレの二の句と謡い、同吟で「掬ぶも清き 水ならん」と謡ってツレは舞台の方に向きを変え、アシライで二人は舞台に入ります。
ツレは正中まで進み、シテが常座に立ってシテのサシ「濁りなき心の水の泉まで 老いせぬ齢を汲みて知る」同吟、下歌、上歌と謡って、玉井を讃えます。
上歌の終わりにシテ、ツレは立ち位置を入れ替え、ツレが目付に、シテが大小前に立つと、合わせてワキも立ち上がります。

ワキは独白の態で、玉井のあたりに佇んでいたところ気高い様子の女性が二人やって来て井戸の水を汲む様子、言葉をかけるのもいかがかと思うと言い、この桂の木陰に身を隠していようと言いつつ、少し前に出て立木台の真横に立ちます。
シテは「人ありとだにしら露の」と謡い出し、「玉の井に立ち寄り底を見れば」と謡いつつ井筒に寄って覗き込み「桂木の蔭に人見えたり」と下がって立木台の方を見ます。

ワキは二三足下がり「忍ぶ姿も現れて」と謡いつつ正中の方を見る形。シテはワキが謡ううちに井筒のあたりから地謡前、大小前と動いて正を向きます。
「いかなる人にてましますぞ」というワキの問いかけに、シテは自分の姿が見えてしまった恥ずかしさを忘れる程の立派な姿の方、とワキの様子を褒め称え、名を名乗るようにと求めて二足ツメます。

ワキは火火出見尊と名乗り、シテは正に向きツレがワキを向いてともに二足ほど出ると、ツレが天孫を見奉るのは不思議と謡い、シテがその天孫がここまで来られたのは何事かと問いかけます。
ワキは釣り針を探しに来た旨を述べ、ここは何処かと尋ねます。
シテが龍宮わたづみの宮と答え、二人の名を問うワキの謡に、シテが豊玉姫、ツレが玉依姫と答えて地謡に。
ツレが先に動いて大小前から笛座前へ。シテはワキ正から正中にゆっくりと進み、左に回って地謡前から大小前へと進んで「引く手あまたの心かな」と正面を向いて立ち、二足ほど下がります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2247-ccb3b901

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad