能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉井さらにさらにつづき

シテはワキに向き、父母に逢わせたいと言い、釣り針の行方も尋ねるので安心されるようにと述べます。ワキが、それでは宮中に参ろうと言って少し前に出、小さく回ってワキ座に戻り床几にかかります。これで龍宮の宮中に落ち着いたという形。

囃子が奏されて地謡のクリ。シテ、ツレは下居し、後見が作り物を下げます。
シテ、地謡と謡が続き、わたづみの都の様が謡われてクセに。
クセは居グセですが、火火出見尊が釣り針をなくした経緯を語り、わたづみの父神がこの釣り針の行方を捜し、さらに兄の怒りに対するため潮満潮干の二つの玉を尊に捧げた子細が謡われます。火火出見尊と豊玉姫が夫婦となり三年の年月が経ったと謡ってクセの納め。

ワキが、三年も経ち自国に帰ると言い海路の案内を求めます。
シテが海中の乗り物は様々にあるのでご安心されるようにと謡い地謡に。
「大鰐に乗じ」の地謡の謡い出しでシテが腰を浮かせ、ツレともどもに立ち上がると「その程は待たしおわしませ」の謡に、シテはワキに二足ほどツメてから右回りに常座を向き、来序にて中入です。

来序が狂言来序に変わると末社出立のオモアイが登場してきます。
括り袴に褸の水衣、面は賢徳でしょうか。末社頭巾を着けて常座まで出て名乗ります。この名乗りが聞き取れませんで、「みからがい」とかなんとか言ったように聞こえたのですが、これがなんだか分かりません。「蛤の精」ということになっているので、何か貝の古名と思いますが・・・

オモアイはまず立ちシャベリで、火火出見尊が釣り針を探して海中にやって来た子細を語ります。玉井の所で尊が豊玉姫、玉依姫と出会い、そのまま宮中に戻って夫婦の契りを交わされたことを、父神が大いに喜び、この上つ方の喜びが下々にも伝わるところ、酒宴を開こうと言って一ノ松まで行き、幕に声をかけてアドアイを呼び出します。

アドアイ三人は同装ですが、こちらの面はうそぶきの様子。オモアイがワキ正に、アドアイがワキ座前に着座すると、オモアイが「蛤、酌にささしめ」と声をかけます。アドアイの一人が立ってお酌をすると、一同で一句謡い、皆の勧めでオモアイが舞を舞います。
「おさまる海中に 入りにけり」でユウケンして常座で後ろを向いて足拍子。留の雰囲気でアドアイも立ち上がり一同幕に退場します。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2248-8048c6aa

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。