能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉井またつづき

アイが幕に入るとヒシギが吹かれ、出端の囃子で後ツレ二人が登場してきます。
先に出たツレは緋の大口に紫の長絹、天冠を着けて、青珠を持っています。後から出たツレは同装ですが、大口が薄い黄地の色大口で白珠を持っての登場です。
橋掛りで向き合い「光散る 潮満玉のおのづから くもらぬ御影 仰ぐなり」と謡い、地謡が続ける謡のうちに舞台に進んで大小前に出ます。
豊玉姫と玉依姫の二人が、各々玉を持って尊に捧げに出てきた態です。

前場ではシテが豊玉姫、ツレが玉依姫ですが、後場ではシテが綿津見の宮主となり、二人の姫はツレとなります。
二人は大小前に並び「玉を供え 尊に捧げ奉り」の謡にワキを向き、さらに釣り針を待ち「綿津見の宮主 持参せよ」で幕に向き、笛座前に進んで目付柱の方を向きます。
大癋の囃子が奏されて後シテの出となります。

シテは白頭に大龍戴を載せ、紫地に金の鱗文様の半切、白地に金の文様の袷狩衣を着け、鹿背杖を強く突きつつ一ノ松まで出て謡。
「まうとの君の命に随い わたづみの宮主釣針を尋ねて」と謡いつつ、向きを変えて舞台に入ります。「天孫の御前に奉る」と謡ってワキの前まで進み下居。釣針をワキに渡すと、立って下がり向き直って常座、橋掛りへと進んで、地謡が「潮満潮干二つの玉を」と謡うなか、狂言座あたりで床几にかかります。
この間にツレの二人が出て、謡の詞章そのままにワキの前に下居して、珠を置きます。置かれた珠はワキツレ二人が取り上げて持つ形。

続く地謡の「舞楽を奏し 豊姫玉依 袖を返して」でツレ二人は立ち上がって袖の露取り大小前へ。シカケ開いて答拝、天女ノ舞の相舞です。
舞は揃っての形で、特段の変化はありません。

舞上げると地の「いずれも妙なる舞の袖」の謡に左右打込。開いて角へ向かい、角トリして左の袖を被き、左へ回ると大小前で左右「雪を廻らす 袂かな」で打込開いて扇閉じ、笛座前に着座します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2249-c6c4c6c9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。