能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉井またまたのつづき

シテは床几にかかったまま「わたづみの宮主」と謡って足拍子。
カカリの笛で立ち上がると舞働です、重い位。

杖を突きつつ舞台に向かいます。独特の足使い、ゆっくりと粘る感じで動き出しつっと足を出します。ゆったりとしていながら素早い。
舞台で舞いますが、途中、正中で膝を着く所作を見せます。立ち上がって舞い続け、袖を直して開キます。

舞上げると再び「わたづみの宮主」と謡って正中に出「かせ杖にすがり」の謡に、左の袖を巻いて杖にすがる型。
「拍子を揃えて時移れば」と謡を聞いてワキ正へ出るとワキに向き、「尊は御座を 立ち給い」の謡にワキが立ち上がります。

ツレも立ち上がり「帰り給えば」と聞きつつワキは歩み出しますが、階のあたりでシテがワキに寄り「わたづみの乗り物を奉らんと」でシテは正中に下居して一礼。
「五丈の鰐に乗せ奉り」でワキが鰐に乗る態で、馬に乗る際の所作を見せます。

「二人の姫に 玉を持たせ」と、ワキツレ二人が先ほどから持っていた珠をツレ二人に渡し、ワキ、ツレ、ワキツレが退場します。

「龍王立ち来る波を払い」とシテは正中から目付へ向かい「潮を蹴立て」と波を蹴立てる足使い。左へ回って正先から「遥かに送りつけ奉り」とワキ正へ進んで見送る形。
正に直すと開いて常座に「また龍宮にぞ帰りける」の謡に留拍子を踏んで終曲となりました。
あまり上演の多くない脇能ですが、前後でシテが若い女性と白頭の龍王という別人格で、見せ場も多く、楽しめる一曲かと思いました。シテ粟谷明生さんの力量に負う部分が大きいとは思いますが・・・
またこの曲にはシテ方の小書はありませんが、狂言方の小書「貝尽」が大藏・和泉両流にあり、様々な種類の貝が登場します。ただしオモアイが登場して立ちシャベリ、アドアイを呼んで酒宴、舞という構成自体は特段の違いはないようです。
(107分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2250-24732eaa

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。