能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鱗形のつづき

時政と名乗ったワキは、いまだ旗の紋が定まらないので、江ノ島の弁財天にこの事を祈るため参詣するところであると言って両手を合わせ、ワキツレと向き合うとサシ「それ弓矢は天地陰陽をかたどり 七徳五行の姿なり」と謡います。ワキツレが続け、さらにワキも加わって弓矢の徳を謡います。
「神農の作りし桑の弓 怨敵破戒を亡ぼして」などと、弓矢立会をふと思い起こさせるような謡が続き、道行のような形で謡い納めてワキの着きゼリフ。
江ノ島に着いたので、まず社壇に参ろうと言い、ワキツレが尤もにて候と受けて、一同はワキ座に向かおうとします。

ここで幕が上がり、ワキがワキ座に辿り着くやや手前でシテの呼び掛け。
「時政に申すべきことの候」と、ワキの名を呼んで呼び掛けます。

着座したワキ一行ですが、名を呼ばれてワキが立ち上がり、何のことかと問いかけます。
シテは橋掛りを歩みながら、長年の信心が深い故に望みを叶えようと現れ来たったのだと述べます。一ノ松を過ぎ歩み続けるシテに、ワキは望みを叶えるというのは一体どなたかと問います。
後座で向きを変えたシテは、名乗らなくても御身の信心が深いのだから神を敬う恵に、と謡いつつ常座に立ってワキに向きます。

ワキ「国も豊かに シテ「民栄え 地謡「治まれる御代のしるしも今更に」と謡がつづき、ワキは着座し、シテは地謡に合わせてシカケ、ヒラキ、ワキに二足程詰めてから左に回り「千年をかけて御注連縄 永くも代々を守るなり」と宮の手前から常座に戻りヒラキ、ワキを向いてツメます。

地謡の「げにや誓いの数々に 御代を守りのお告げとは如何なる人におわします」のロンギに、シテは正面を向き、「今は何をか包むべき 我此島に跡を垂れ」と謡い出します。地謡との掛け合いになり「沖の鴎に心添え」とワキ正向いて二足ほど出、正先を向いて「汀の千鳥鳴く田鶴も」と見廻す形。正先に出るとワキに半身となって心を込め、右に回って常座へ。台横にてヒラキ、宮に中入となりました。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2254-f6a14b4e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。