能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舟船(国立能楽堂特別公演)

大藏流 国立能楽堂 2016.01.31
 シテ 善竹忠重
  アド 善竹十郎

このブログを書き始めておよそ十年。その間に「舟ふな」も二度ほど取り上げていまして、いまさら「舟船」でもなかろうと思わないでもないのですが、今回は大藏流でもあり少しだけ気がついたことなど書いておこうかと思いました。

先に書いた二度の鑑賞記は、万蔵家(鑑賞記初日月リンク)と万作家(鑑賞記初日月リンク)の上演でしたので、いずれも「舟ふな」。同じ本により演じられたものということになりましょう。
今回は大藏流ですので、若干なりとも違いがあります。

あらためて話の筋を書きますと、主人が登場して今日は遊山に出かけようと言い、太郎冠者を呼び出して、二人で西宮に向かいます。
途中、神崎の渡にやって来て舟を探しますが、このとき太郎冠者が「おーい、ふなやーい、ふなやーい」と呼んだのが騒ぎのきっかけとなります。
主人は「ふね」と呼べと言い、太郎冠者は「ふな」が正しいと言って言い争いになり、それぞれ古歌を引きますが、太郎冠者が三首あげたのに対して、主人は一首しか思いつかず、同じ歌を繰り返します。
言い合いに負けてしまうと思った主人は、「ふね」の出てくる謡を謡いますが、この謡にも「ふな」が出てきて、太郎冠者の勝ちになってしまい、主人の叱り留めで終曲という話です。

大藏も和泉も、この曲についてはさほど大きな違いはありません。曲名が和泉流では「舟ふな」とするのに対し、大藏流では「舟船」とするのが、まず気付くところでしょうか。主人と太郎冠者のやり取りの構成もほとんど同じですが、舞台の様子で気付いたところなど、明日につづけたいと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2257-87aaeeae

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。