能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満仲のつづき

さてシテ仲光は、摂津国多田の満仲に仕える藤原の仲光と名乗り、満仲が一人子を中山寺に上らせたのに、子は学問には心を入れず明け暮れ武芸をたしなんでいる。満仲は子を叱ろうと迎えを送っているが、一向に帰ってこないので自分が迎えに行くことになったと語ります。さらに自分の子である幸寿が中山寺に召し使われているので、良い機会だから尋ねようと言って、常座から橋掛りを向いて、幕に向かって案内を乞います。

手許のテキストには、声をかける直前に着きゼリフがありますがこれは省略されていました。ともかく、幸寿が幕前に出てシテとの問答になります。

幸寿が間に立って美女丸につなぎ、美女丸が幕前に出るとシテは下居して美女丸に向かい、下向するように勧めます。美女丸が応じると、シテは立ち上がって子方二人を伴い橋掛りを進み、途中で美女丸を先に立たせて舞台に入ると、美女丸がワキ正に。シテは大小前、幸寿が地謡前に着座して、シテがツレ満仲に奏上します。
ここも古い本では、館に着いたところでシテの着きゼリフがあり、暫く待つようにと美女丸を待たせるやり取りがありますが、ここでは省略されています。

シテとのやり取りの後、ツレ満仲は美女丸に声をかけ、まず経を読んでみよと命じます。しかし美女丸は一字も読めないと「涙に咽ぶばかりなり」と謡いつつ片シオリ。
歌は、管弦はとたたみかける満仲に、美女丸が答えられず地謡に。

「父が言ひし事に跡をつけぬ庭の雪」の謡に、満仲が立って扇で美女丸を指し、ワキ座で後ろを向いて片袖を脱ぐと「御佩刀を取り給へば」で太刀とって進み出ます。
「走りいづるや仲光が」と地謡が続け、シテが満仲を留めると、美女丸は後見座に逃れ、満仲の前に、シテが正対して座します。

満仲は、なぜとめたのか、この太刀で美女丸の首を討ってこいと言います。
なだめようとするシテに、満仲は、遅くなるなら仲光ともに自分が斬ろうと、シテに決めつけます。
シテは「畏まって候」と太刀を受け取り、一方の満仲は切戸側をまわって鏡板にクツロギます。
一呼吸置いてシテの独白となりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2282-e0a0af4d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。