能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満仲さらにつづき

シテ仲光は一人思案しますが、自分の計らいで美女丸を逃がそうと決心し、幸寿を呼びます。この間に、美女丸と幸寿は立ち上がり常座に出て下居しています。

仲光は美女丸に逃げ落ちるようにと言いますが、美女丸は早く自分の首を取って父に見せるようにと返答します。そうこうするうちにシテが「や また御使いの来たりて候」とシテ柱の方を見、満仲からの使者がやって来た様子。地謡が「はや首取れや仲光と 言の葉も涙もすすむこそ 悲しかりけれ」と謡い、美女丸が右手を上げ仲光が畏まり、さらに仲光は扇を逆手にして片シオリ。

シテが美女丸の命を惜しむと、幸寿が声を上げます。幸寿は自分の首を取り美女丸と偽って満仲に見せるようにと申し出ます。
仲光は「なんぼうけなげに申したり」と美女丸に子細を告げ「時刻移りてはかなふまじ」と、袖を結んで太刀を取り「太刀おっ取って仲光は」と立ち上がり「我が子の後ろに立ち寄れば」と幸寿に手を掛けます。
これに美女丸は「美女は余りの悲しさに 仲光が袖に取り付きて」と謡いつつ立ち上がって仲光をとめ、下居してシオリ。しかし幸寿は主の命に代わることは弓矢取る身の習いだと言います。

シテが「悲しやな互いに争う命のうち」と謡い、美女丸が階の向かって左に下居、シテを真ん中に幸寿が向かって右、美女丸が左に並ぶ形になります。仲光は「中にてなかなか仲光が」と謡うと、地謡が謡う中、幸寿に掛けていた手を放して常座まで進み、後見に太刀の鞘を取らせて抜き身を持って正面を向き、美女丸と幸寿の掛け合いの謡を聞きます。

地謡が「かなたこなたとも幼き 御身にだにも理の あるいは御主」と謡うのを聞き、仲光は「子は惜しし」と謡って幸寿の方を見やります。「主君をばいかで手にかけんと 心よわしや白真弓 左手にあるは我が子ぞと」の地謡に少しずつ幸寿の方に出ると「思い切りつつ親心の 闇討に」で正中から太刀を立てて出て足拍子「現なき我が子を夢と なしにけり」と太刀を捨ててシオリ、幸寿は首取られた態で切戸から退場します。
美女丸はこのやり取りに、仲光の捨てた太刀を取り腹を切ろうとしますが、仲光がこれを止めます。
この曲の重要な場面ですが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2283-f4c1b59e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。