能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

満仲さらにさらにつづき

美女丸を止めた仲光は「これは何事を遊ばされ候ぞ 御身替わりに立ちし者のきやう養と思し召され 何方へも御忍びあって給はり候へ」と言い、美女丸は太刀を落とします。この仲光の台詞は上掛にはありません。

シテ仲光は立って狂言座の方を見「いかに誰かある」と声をかけ、アイが常座へ出ます。仲光はアイに美女丸を何方へも忍ばせ、幸寿の遺骸を取り片付けるように命じます。
シテが大小前に下居すると、アイが美女丸の後ろに立ち「まずお立ち」と声をかけて美女丸を立たせ送り込みます。
二人が橋掛りに入るとシテが立ち上がり、橋掛りの入口まで進んで二人を見送る形。美女丸が幕に入ってしまうと、仲光は舞台に戻り大小前で下居し「如何に申し上げ候」と声を上げます。この間に、鏡板にクツロイでいたツレ満仲がワキ座に戻って、この仲光の奏上を受ける形になります。

満仲は美女丸の最期を問い、さらに仲光に幸寿を連れてくるように命じます。美女丸以外に子が無いので、幸寿に跡を譲ろうという訳です。しかし仲光は、幸寿は美女丸との別れを偲んで元結を切り、行方知れずになってしまったと返答します。
地謡が受け「仲光にも御いとまを給はり候へ」と仲光の心情を謡い、満仲が二人の者に別れる思いを謡って地謡の下歌。「げにや王土に住む習い 貴命は誰も遁れぬぞと 仲光をとにかくにすかし給ふぞ哀れなる」との謡に、シテは少し面を上げ、ふっと息を抜いた感じで頭を下げます。

続く上歌のうちに幕が上がり、ワキ恵心僧都が美女丸を伴って登場してきます。ワキは白大口に小格子厚板、水衣に角帽子の姿で二ノ松まで出、美女丸は三ノ松で正を向きます。
ワキの詞、比叡山の恵心僧都と名乗り、多田の満仲の館に急ぐと言って美女丸と向き合い、直して、早満仲の御館に着きて候と言って、一ノ松から「いかに案内申し上げ候」と声をかけます。
シテが立ち上がり応対に出ますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2284-9a161da3

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad