能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

満仲またまたのつづき

男舞は他流と同様に重い位を保ったままで、「目出度き折」とはいうものの仲光の複雑な心境を映すように、思いのこもった舞です。四段では正先で扇、袖を返し、一度腰を落として思いの深さを表し、再び立ち上がって舞い続ける形。目付に出て袖を直して五段。常座から角へ出て小廻りし、扇カザして舞台を廻り、地ノ頭から大小前に行って小廻り、打ち込んで舞上げ。下掛なのでカカリの後、五段に舞います。

昨日書いたとおり、金剛流の古い形では美女丸が舞う構成になっていたようで、仲光が舞うよりもこの方が落ち着きがよい様な気がします。宝生流にもそういう上演記録があるそうです。
先般、横浜能楽堂の企画公演で「生と死のドラマ」と題して4回にわたる公演があり、この第3回で観世流の野村四郎さんが、「仲光」を「古演出による試演」として、美女丸が舞う形で上演され、金剛能楽堂でたまたま後ろの席に座られた方が、この横浜の公演を御覧になったという話は先日、記載した通りです。

さて舞上げると、仲光が「鴛鴦の 友なき水に 浮き沈み」と謡って上扇。地謡を聞きつつ橋掛りへ進み、「あはれやな 我が子の幸寿があるならば 美女御前と相舞せさせ 仲光手拍子囃し・・・」とシテ柱から狂言座あたりに進んで謡います。この謡も、美女丸が舞い、その姿を仲光が見る演出の方がしっくりきます。

地謡「思は涙」にシオリ、地謡と掛け合いで謡いつつ舞台に戻り、「上露も下露も」と角で下を見込むと左へ廻り大小前で下居。
「今日は喜の都帰り これまでなりとて 恵心の僧都は 美女を伴ひ帰り給へば」でワキが美女丸を伴って舞台から橋掛りへと進みます。
「仲光遥かの脇輿に参り」で、シテは立ち上がり二人を追います。一ノ松を過ぎたワキと、一ノ松あたりに到った美女丸が振り返り、シテは下居。
「暇申して帰りけるが」の謡にシテは立ち上がり、僧都と美女丸は幕へ。シテ仲光は常座に戻って二人を見送ると「暫しは御輿を見送り申して うちしをれてぞ 留まりける」の謡に、ワキ正へ向きを変え、タラタラと下がってシオリ、片膝ついての留となりました。
劇的要素の強い一曲でしたが、さてこの満仲を廻って、明日もう少しだけ書き記しておこうと思います。
(85分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2286-ee36f08b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad