FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

天地人之会を観に行く

金剛流の天地人之会を国立能楽堂に観に行きました。
ちょうど国立競技場で、Jリーグナビスコカップの最終戦、千葉・鹿島の決勝戦があって千駄ヶ谷駅前は大混雑でした。


天地人之会は、金剛流能楽師の工藤寛さんの会で、東京金剛会での工藤さんの演能を観て、ぜひと思ってチケットをとっておいたものです。
工藤さんの望月の披キということで、能が二番、狂言一番の番組。
金剛宗家永謹師が、杜若に日蔭之糸と増減拍子の小書きをつけての上演。
それに工藤さんの望月。ワキは関西から村山弘さんを迎え、アイには萬斎さんという配役。
そして狂言は万作さん、石田幸雄さんの樋の酒。
と、まあ望月の披キを祝っての番組という感じです。


せっかくの会なのに空席がちらほら。ちょっともったいない感じですね。
どうしても国立能楽堂のスケールで、金剛や金春の会だと空席が出てしまう感じです。


しかし能も狂言も、それぞれに面白く拝見することができました。
望月の獅子、最後のところで装束が乱れてしまったのが大変残念でしたが、ハプニングに動ぜず最後までキチンと舞われたのはさすがにプロ。子方の熱演もあり、全体として良い能だったと思います。


附け祝言は、お祝いでもあり、樋の酒にちなんでということもあるのか、猩々のキリ。
私は飲めないクチですが「秋はやっぱり酒盛りだなあ・・・」と思った次第。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/229-26c91e51

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。