能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泰山府君 金剛永謹(金剛定期能)

金剛流 金剛能楽堂 2016.03.27
 シテ 金剛永謹
  ツレ 今井克紀
  ワキ 福王知登
  ワキツレ 喜多雅人 是川正彦
  アイ 茂山良暢
   大鼓 石井保彦、小鼓 吉阪一郎
   太鼓 前川光長、笛 森田保美

泰山府君(たいざんぷくん)は8年前に国立能楽堂開場25周年記念公演で、金剛永謹さんが演じられた際にも観ていまして、観能記をブログにも載せています。ブログにも書きましたが、現在は金剛流のみが演じる曲で、しかも昭和30年代に復曲したものだそうです。

同じシテの上演ですので大きく違う訳ではありませんで、事細かに舞台の様子を記しませんが、以前の記載で触れていなかったこと、今回新たに気付いたこと、さらには前回と今回での演出上の違いなど、いくつか記しておこうと思います。なお、前回の記載(鑑賞記初日月リンク)を併せてご参照いただけるとわかりやすいと思います。

まず後見が正先に桜立木台を出してきます。これは前回も記載した通りですが、台は角台の形です。あまり見慣れない形だったと記憶していますが、絵心もないので、どこがどうと記録をしていません。
続いて名宣笛、ワキの出になります。前回はワキ高安勝久さんが一人で登場し常座に進んで名ノリとなりましたが、今回はワキツレ二人を従えての登場で、ワキは正中まで出、ワキツレのうち太刀持ちは常座の少し奥あたりに太刀を持って控え、もう一人は橋掛り狂言座の少し前あたりに控えて、ワキの名乗りとなりました。

ワキの装束は烏帽子狩衣に白大口で高安勝久さんと同装ですが、狩衣は福王流らしく紺地のもの。
花が七日で散ってしまうのが惜しいので泰山府君の祭りを執り行って花の命を延ばそうと思うと述べて両手を合わせます。これに合わせてワキツレが立ち上がり、ワキはワキ座に進んで床几にかかり、ワキツレ二人は地謡座前に着座します。
このつづきはまた明日に
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2295-7a9c41be

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。