能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泰山府君のつづき

ワキ座で床几に腰を下ろしたワキが「有難や治まる御代の習とて」と謡い出し、ワキツレとの掛け合いで謡が進みます。前回はワキ一人でしたので、ワキがサシを謡い「花の命をのばへんと」から地謡となりましたが、ここはワキ、ワキツレ同吟です。
この謡の途中で幕が上がり、前シテが紅入唐織着流しの姿で橋掛りを進んできます。

「花の祭りを急ぐなり」とワキ、ワキツレが繰り返す謡いっぱいに常座まで出て、シテの一声。続いてサシ。半魚文庫さんのテキストでは「いざ桜われも散りなん一盛」から地謡が謡う形になっていますが、この部分もシテが続けて謡います。明治期の金剛流の本でもシテの謡になっていますので、もともと金剛ではこの形だったようです。

シテの詞からの展開は前回の記録通りですが、シテは「花一枝を手折らんと」で花を向き「忍び忍びに立ち寄れば」と三足花に近寄ります。ワキが「春宵一刻値千金」と謡い出して掛け合い。地謡の「中々木陰はくらからねば」でシテは左右を見ながら花に寄ると、直して「月の夜桜の影」と目付柱の方に月を見る形でやや面を上げ「あさまなり恥ずかしや」と大小前に下がって佇みます。

ロンギ、地謡が「実に有難やこの春の」と謡い出すと、大小前から常座に行き、後見座を向いて進んでシテ柱横で正に直します。「終には花の跡とはん」の謡でワキが立ち上がって床几を外し下居。
この後は以前記したものと同様に進み、地謡の「この春の望残れり」で正中で下居します。

この後、シテが「あまりに月のさやかにて・・・」と詞。地謡が「うれしや月も入りたりや」と謡い出すと片膝を立て、空をみるように目付柱の方を見上げると扇を胸に入れて立ち上がり「木の下闇に忍び寄り」と立木に寄って、一枝を外します。もともと一枝を差し込んである様子で、折り取るような所作をしますがキレイに外れたます。シテはこの枝をやや下がって見ると、常座側から回って正中で常座方を見、枝を振ると抱え込んで、そのまま中入となりました。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2296-9db3f53e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。