能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

泰山府君もう一日のつづき

「かかる例もある花を 手折れる者は何者ぞ」と左の袖を巻き、直して四拍子開キ。
「天人がこの花折りつるか」と左の袖を素早く巻いて下がり、地謡が受けて、シテは目付柱に向かい角トリ。左に回って正中から幕を向き「何ぞ偸盗の雲の上」と左の袖を被きます。
地謡の「天つ乙女の羽衣の・・・」で幕が上がり、シテは橋掛りへ進みツレが幕前にと出ます。ツレは白大口に紫の長絹、天冠を着け桜の一枝を持っての登場です。前回の鑑賞記の際とは装束が違います。
一ノ松に進んだシテは招き扇、向き直って舞台に戻りワキ正に経ちます。ツレが二ノ松に進み、シテは「かざしの花のたまたまなるに」とワキ正からツレを見込みます。
地謡となり、シテは笛座前で床几にかかり、ツレは袖の露を取って舞台に進み「天人忽ち現れたり」と大小前にて答拝して、天女ノ舞です。

天女ノ舞を舞上げたツレはシカケ開キ、謡に合わせて舞いつつ常座へと廻り正先へ進みます。「花を慕い行けば」と花を下ろしつつ正先の作り物に寄ります。
するとシテが「天上にてこそ栄花の桜」と謡い、ツレはワキ正から大小前へ進み、シテが立ち上がります。
シテがツレに寄り添う形で正先へ出、ツレが枝を立木台に戻します。

シテが小廻りして両袖を巻き上げ、左右を見つつ出ると舞働。ツレは笛座前に控えます。舞働の後も、前回の鑑賞記と同様に舞台を廻りつつ舞いますが、「嵐を防ぎ雨を漏らさず」の謡に、花に寄って両袖を掛けて守る形。下がって左袖を広げて正先に出て巻き上げ、さらに右袖も巻き上げて常座へと進みます。
「七日に限る桜の盛、三七日まで残りけり」の謡に、袖を直して留拍子を踏み、終曲となりました。

「事細かに舞台の様子を記しませんが・・・」と書いた割には妙に細かく所作を書きましたが、前回の記録と比べてみると、前回書き洩れたのか、けっこう違いがありまして、ついつい細かくなりました。
なお囃子の皆さんは、あまり東京では見かけない方々なので、お名前と流儀をあらためて記載しておきます。
大鼓 石井保彦 石井流、小鼓 吉阪一郎 大倉流、太鼓 前川光長 金春流、笛 森田保美 森田流。
(64分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2298-7c691b12

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad