能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翁 十二月往来 父尉延命冠者 金春安明(国立能楽堂企画公演)

金春流 国立能楽堂 2016.04.29
 翁・父尉 金春安明
 翁 高橋忍 金春憲和
  千歳・延命冠者 茂山茂、三番叟 大藏彌太郎
   大鼓 大倉慶乃助、小鼓頭取 大倉源次郎
   脇鼓 清水晧祐 飯富孔明
   笛 藤田次郎
   後見 金春穂高 金春康之 佐藤俊之
   三番三後見 茂山良暢 島田洋海

ずいぶん間が開いてしまいましたが、みどりの日に国立能楽堂の企画公演で上演された翁です。この日は「寺社と能<春日大社>」と題した特集で、式三番の古態とされる父尉延命冠者の形に、さらに興福寺薪猿楽で演じられるという十二月往来が挿入されたもの。金春流独特の形です。

いつぞやも書きましたが、翁がどのようにして現在の形に整理されてきたのか、本当のところは良く分からないようです。
とは言え、金春流は江戸時代になっても奈良に繋がりを持ち、古い形を残してきた様子。十二月往来や父ノ尉延命冠者は観世流の小書にもありますが、これは観世元章の時に整理されたもので、古態をそのままに伝えている訳ではないようです。金春流が伝える形は初見でもあり、今回もメモを取ってきましたので、いささか細かくなりますが、何回かに分けて記載しておこうと思います。

まずはお幕の声が聞こえ面箱が登場します。下掛なので千歳を勤める茂山茂さんが面箱持ちを兼ねています。幕を出る際に切り火が見えました。
千歳は常の形と同装で、半袴の千歳直垂ですが、続いてあと二人、素袍上下で恭しく面箱を捧げ持って登場してきます。「おや?」と思ったのですが、翁が三人なので面箱も三つ必要ということなのでしょうね。二人は三番三後見が勤めています。そんな訳で、今回は後見と三番三後見もお名前を記してみました。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2299-fbae1783

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。