能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翁のつづき

続いて翁の出です。この際も切り火が見え、翁太夫の金春安明さん、続いて高橋忍さん、そして金春憲和さんが、いずれも白の翁狩衣で登場してきました。
登場した三人の翁は地謡座側から順に、宗家、高橋さん、憲和さんと並び、そのまま正先まで出ると答拝、宗家は常の翁のように笛座前に、高橋さんと憲和さんは地謡座前にワキ正を向いて座します。

千歳と三番三後見が三人の翁の前に面箱を置き、面を用意します。
準備を終えた千歳が立ち上がると、囃子方、地謡一同も立ち上がって座に着き、笛が座付を吹きます。
続いて小鼓三丁が打ち鳴らされ、三人の翁の後ろに後見が一人ずつ付いて、翁三人が「どうどうたらりたらりら」と謡い出します。地謡が受け翁と地謡が交互に謡うと千歳が立ち上がって「鳴るは瀧の水」と謡い、地謡と交互に謡いかけて千歳之舞です。
千歳之舞は常の形と特段変わらないように見えました。

舞を終え、千歳が「所千代までおはしませ…(中略)…日は照るとも」と謡い、地謡が「絶えずとうたり ありうどうどう」と受けて、再び千歳が舞います。この千歳の「所千代まで」の謡で、翁が面を着け始めますが、これは常の翁と同じと思います。
千歳が舞上げてワキ座に座すと、翁は「あげまきやとんどや」と謡いつつ、面箱を除けて立ち上がり、同時に立ち上がった三番三といったん向き合う形になります。これも常の形と同様です。

地謡の「参らふれんげりやとんどや」で、笛座側から宗家、高橋さん、憲和さんと並ぶ形になり、シテ翁が「やえ尉殿に申すべきことの候」と声をかけます。ツレ翁二人は目付に行き,笛座前のシテ翁と向き合う形になります。

ここからが十二月往来になるわけです。観世流の十二月往来の詞章はいつぞやもちょっと触れましたが
「睦月の松の風 「八絃(ヤヲ)の琴をしらべたり
「如月の霞は 「天つ少女の羽衣よ
「彌生の桃の花 「三千歳(ミチトセ)もなほ栄うる
といったものですが、これとは異なる詞章が謡われました。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2300-d9be4d72

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。