能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翁さらにさらにつづき

翁之舞では、つま先を上げては下ろす形で角まで進み、足拍子を三つ踏んで扇カザし、大小前へと戻り左の袖を被きます。俯き加減に広げた扇で口元を隠す形のまま小さく回って再び大小前へ。今度は左の袖を巻き上げ、やや上方を見上げる形で扇を最前と同様に構え、再び舞台を小さく廻って左右、足拍子を五つ程踏むという形。これは何度か観ている小書無しの金春の翁と同様ですね。いささか舞台を廻るのが小さいのは、ツレ翁が出ているためでしょうか。

シテ翁の「千秋万歳の喜びの舞なれば 一舞舞ほう万歳楽」の謡にツレ翁二人が立ち上がります。シテが少し出て三人が並び答拝。三人はそれぞれの面箱の前に戻ると面箱に向かって座し面を外します。
面を外し終えた三人は面箱の前でワキ正を向く形で座します。

シテ翁の前に千歳が面箱を据え、そのままワキ座に行くと後ろを向いて延命冠者の面をつけます。シテ翁が父尉の面をつけると、延命冠者が立って常座に進み「生まれし所は忉利天 育つ所は花が園 ましまさばとくしてましませ父の尉 親子ともにならべつれて ご祈祷申さん」と謡いつつ舞います。この「花が園」あたりで父尉も立ち上がり、「ご祈祷申さん」で父尉と延命冠者が向き合う形になります。

父尉は正中に出て答拝すると「一天波風おさまって 民五湖の楽にほこり されば天地 ひらけ始まりしよりこの方 伝はりきたる翁なり そよや よわひには そよや よわひには 松をば 根ながらこそとれ」と謡います。
この「そよや よわひには」で左を向き扇を縦に振り、繰り返す「そよや」で反対にも同様の所作をします。「松をば」で下を向いて掬う型を見せ、左右、打込。

地謡が「松をこそとれ ありうどうどう」と謡い、シテ翁は扇を閉じつつ地謡座前に置かれた面箱の前へ。延命冠者も後から歩みを早めて、同じ面箱に手前側から向かう形になり、二人とも面を外し、面箱にしまいます。
二人がワキ正に向き直ると、シテ翁、ツレ翁都合三人が立ち上がり、一度正に向いて答拝。シテ翁を先頭に翁還りとなります。
さてこのつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2302-b4350a1f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。