能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

春日龍神のつづき

下掛の本に広くあたった訳ではないので、あくまでも今回のパンフレットによって…ですが、入唐渡天も仏跡を拝むためであって神慮に背くものではないと謡うワキに対し、シテが反論します。「人間は申すに及ばず 心なき」と謡うのを受けて、地謡が「三笠の森の草木の」と続け、春日山の鹿までも悉く上人を礼拝する奇特をみれば、真の浄土がどこかと問うまでもないと謡い「神慮をあがめおはしませ」と謡ってクリになります。

クリは「それ仏法東漸とて 後后の時代に至りつつ 三国流布の妙道 今我が朝の 時節とかや」と地謡が謡う形になっています。これに続けてワキのサシ「然るに入唐渡天と言つぱ 仏法流布の名を留めし…」と続きます。

この部分、観世の本では「神慮をあがめおはしませ」の地謡の後、ワキが「なほなほ当社の御事委しく御物語り候へ」と言い、シテサシ「然るに入唐渡天といつぱ…」とシテの謡に繋がる形です。
宝生流は現行本を確認していませんので、今は違うかも知れませんが、少なくとも明治の頃の本では「神慮をあがめおはしませ」の地謡の後は、ワキサシとして「然るに入唐渡天といつぱ…」とあって、クリは欠くものの、その後は金剛の本と同様の形です。
このあたりの相違と変遷も調べてみると面白いのかも知れません。

居グセの後、ワキが入唐渡天を思いとどまると言い、さて御身はいかなる人ぞとシテに問いかけます。シテ、続けて地謡が、三笠の山に五天竺を模し、摩耶の誕生、伽耶の成道、鷲峰の説法、双林の入滅まで、悉く見せようと謡い、来序にて中入となります。

代わって狂言来序でアイ末社の神が登場してきます。
末社出立、紫地に大紋の括り袴、金の小袖に白の水衣を着けての登場です。常座に進み出ると、これまでの流れを整理する形で立ちシャベリ。
この立ちシャベリ、今回は可能な限り書き取ってみましたので、大意を記しておこうと思いますが、いささか長くなりそうなので、明日につづけます。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2306-643a5e96

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad