能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六天 奥川恒治(能を知る会鎌倉公演)

観世流 鎌倉能舞台 2016.05.03
 シテ 奥川恒治
  前ツレ 佐久間二郎、後ツレ 小島英明
  ワキ 則久英志
  アイ 若松隆
   大鼓 安福光雄、小鼓 田邊恭資
   太鼓 小寺真佐人、笛 熊本俊太郎

これまたずいぶんと前のことになってしまいましたが、今年のゴールデンウィーク、5月3日に鎌倉能舞台を初めて訪れました。
前々から一度行ってみようと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれず、ようやく辿り着いたという感じです。しかもこの日、東海道線の品川・川崎間の人身事故のためダイヤが大幅に乱れてまして「辿り着く」のも大変だったのですが、そのあたりは後ほど・・・

さてこの第六天、観世流だけにある五番目の曲で、滅多に上演されません。鎌倉能舞台主宰の中森貫太さんの解説では、後場でシテが使う魔王団扇が他曲ではまず用いられない特殊な道具なので、これを持っていない家では演じることができないとのこと。今回は観世喜之家から借りてこられたそうです。それだけが理由ではないでしょうが、ともかく上演の少ない曲。後シテが「魔王」とされているのはこの一曲だけで、他は天狗とのことでした。

さて舞台はまず次第の囃子でワキ・ワキツレが登場してきます。いずれも白大口に水衣、角帽子を着けた大口僧で、次第の謡の後、ワキは「解脱上人」と名乗り、伊勢神宮参宮を志したと語ります。
解脱上人と言えば、平治の乱で亡くなった信西の孫で、法然の専修念仏を批判したことでも有名ですが、本曲ではワキが解脱上人であることにさほどの意味はありません。

名乗りに続いて道行。この詞章、観世の謡本と違いましてやけに短い。観世の本では「旅衣 けふ九重を立ち出でて けふ九重を立ち出でて 末は音羽の山桜 花の滝川これぞこの 行くも帰るも逢坂の 杉の木の間に波寄する 湖むかふ鏡山 漸う行けば鈴鹿路や 多気の都の程もなく 度会の宮い着きにけり 度会の宮い着きにけり」となっていますが、当日の謡は、都を出た後、逢坂越えて瀬田の長橋を渡り、行けば程なく伊勢国 度会の宮に着きにけり・・・という感じです。もしかして下掛には別の本が伝わっていたのかも知れませんが、観世流以外は現行曲にしていないので、このあたりの事情はわかりません。
ともかくもワキ一行は度会の宮に着き、ワキの着きゼリフ、ワキツレの尤もにて候の声で、一行はワキ座に着座し、シテを待つ形になります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2309-215c598b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。