能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

井筒のつづき

当日のパンフレットには井筒をめぐって、シテ真也さんと、小鼓の成田達志さん、能楽研究家の高桑いづみさんによる鼎談が載せられていますが、その中でシテ方としては、非常にやることの少ない能、という話が出てきます。

そもそも能そのものが、それほど動きの多いものではありませんが、それにしても確かにシテの動きと言う意味では、本当に少ない部類かも知れません。

このワキとのやり取りもほとんど動きがありません。在原寺に参詣する故をやりとりし、地謡で六足ほどワキ正に出て正先を見込み、ゆっくりと足をツメて二足ほど下がり、左右と下を見廻しながら目付柱に向かって出ると、井筒の手前を回って地謡座前から大小前へと動き、二足出てワキの詞。
なお業平の事を委しく物語るようにとの求めで地クリ…喜多流ですから序ですね。
そしてサシからクセへと続いていきますが、序で下居したのちは居グセと、ほとんど動きがありません。
前シテですので、こうした動きの少なさもそれほど珍しい訳ではありませんが、その割には謡がけっこう重い。

ともかくもクセでは、伊勢物語の「筒井筒 井筒に懸けしまろがたけ」の歌が引かれて、有常の娘の名が出てきます。
クセに続けて、シテは紀の有常の娘と二度も口にし、立ち上がると「井筒の影に隠れけり」と謡う地謡で中入となります。
一噌隆之さんの送り笛に送られて、幕に姿を消しました。

間語りは則秀さん。
段熨斗目に長上下で進み出て、和州櫟本(いちのもと)に住まいする者と名乗り、在原寺に日参しているが、今日は満願なので急ごうと行って目付柱の方に進み、ワキ僧に気付いて声をかけます。
櫟本は現在天理市の一部になっていますが、在原寺があったと言われる地。現在は在原神社が鎮座しています。

一所不住の僧と答えたワキとのやり取りで、紀の有常の娘について話を聞かせて欲しいと求められたアイは知るところを語ります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2315-cd69166f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad