能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井筒さらにつづき

業平の高安通いの顛末などを語り終えたアイが下がり、ワキの待謡。
一声の囃子となり、後シテが登場してきます。緋の縫箔に紫の長絹、初冠を着けて常座に出ます。
後シテの装束も、様々な演出をされる方がいますが、パンフレットの鼎談では初演でもあり、基本の定番は崩さない旨を述べておられます。

一声の謡はいささか強い感じもしたのですが、それだけ有常の娘の高揚感を表しているということかも知れません。なにしろ中入前に、有常の娘と二度も口にしたくらいですから、思いの強い女性なのでしょうね。

形見の直衣、身に触れて恥ずかしや…と左半身に左の袖を出して見込み、正に直して袖を抱え込む型。雪をめぐらす花の袖、と地謡が謡って序ノ舞です。

序ノ舞って、どういうふうに観れば良いのか、実は迷うところです。鼎談ではこのあたりについて、大変興味深い話があるのですが、お話を上手くまとめるのは難しそうなので「やっぱり序ノ舞は難しい」とのみ記しておきます。
とは言え、この日の序ノ舞は、ゆったりした中にも有常の娘の高揚感がうかがえるような舞で、舞の後に上手く気分が繋がっていった感じがします。

シテワカ「ここに来て 昔ぞかえす 在原の」で上扇、大左右から決まりの型で大小前、角と進んで角トリ。「春や昔と詠めしも 何時の頃ぞや」と正中で拍子を二つ踏み「筒井筒」と正に一つ踏んで開キ。
三足ほど目付柱に向かって出ると正先に向いて「まろがたけ」と開キ。シカケ、開キして「さながら見えし昔男の」と右回りにワキ正を回り、サシて目付に。「冠直衣は 女とも見えず 男なりけり」の謡に、扇を上げて抱え扇の型、左に回って大小前から正先へと出て、井筒を覗き込む、本曲の要の部分。ここは変に高揚しすぎず、それでいて思いの深さが感じられるところでした。

ゆっくり下がって正中に下居。扇を左に取り抱え込む形から腰を浮かせて「在原の寺の鐘もほのぼのと」と鐘の音を聞く形。立ち上がってシテ柱に向いて雲扇。「芭蕉葉の夢も 破れて覚めにけり 夢は破れて覚めにけり」と小さく回って正を向き、開キして後ろを向き、留拍子を踏んで終曲となりました。
良い気分の残る一番でした。
(116分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2316-69b7fec6

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。