能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烏帽子折のつづき

ワキは子方が師匠のもとを勝手に出てきてしまったのではないかとみて、子方の供をしたいという申し出を断りますが、子方は白大口に紫の長絹で幕を出ると橋掛りを進んで常座に立ち、師匠の勘当を蒙ったのでぜひ連れて行って欲しいと言います。
ワキ吉次は、この上は是非もないと子方に寄って笠を渡し、子方は「牛若この笠おっ取って」と笠を受け取って正面を向き、地謡の下歌で笠を被ります。

ワキ、ワキツレはワキ座へと移り、続く上歌で粟津、勢田と一行が道を進む様が謡われると子方も正中から角へと移り、さらにワキ、ワキツレとともに進む形で「鏡の宿に着きにけり」と鏡板に向かい、子方は後見座にクツロギます。

するとアイ早打の凜太郎さんが、括り袴に肩衣を右だけ外し「忙しや 忙しや」と杖を突いて登場してきます。角まで出ると、牛若が三条吉次に同行して奥へ下ったとの知らせを六波羅が受けて急ぎ討ち取るようにとの命を受けたと言います。さらに回りに語らった様子で、吉次が大勢を連れているのであれば自分も人数を語らって来ようと言い、周囲にか「構えて引くではない」と言い残して退場します。

早打が退場すると子方が立ち上がり、早打の声をよくよく聞けば自分のことを言っていた。これは急いで髪を切り、烏帽子を着けて東男に身をやつして奥へ下ろうと言って橋掛りに入ります。
烏帽子屋にやって来た態で一ノ松から幕に向かって案内を乞うと、シテ烏帽子屋の雄人さんが素袍上下で登場してきます。夜中のことでもあり明日ではどうか、と言うシテに、急の旅なので今夜烏帽子を折って欲しいと子方が重ねて頼みます。
シテは子方を烏帽子屋の内に誘い、子方が先に立って舞台に入って地謡座あたりに。シテは正中で子方と向き合い、さて烏帽子は何番に折りましょうかと尋ねます。

このやり取りは有名なところで、烏帽子屋の問いに答えて牛若は「三番の左折」に折って欲しいと答えます。左折は源氏の形で、世を席巻する平家は右折。この平家一統の世に左折など思いもよらぬ、とシテが返しますが、子方は思う子細があってどうしても左折に折って欲しいと言います。
これを受けて、シテは左折に折ることにし、さらに左折の烏帽子について目出度い話があるので語って聞かせようと言って話し始めます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2322-7c138b70

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。