能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

烏帽子折またつづき

三人は舞台で様子を探って橋掛りに戻ると、松明を出して一人ずつ入ることにします。

まず則重さんが松明を持って舞台に入りますが、抜き身を持って待ち構えていた牛若に松明をうち落とされてしまい、橋掛りに逃げ帰ります。二人目則秀さんが松明を持って中に入りますが、これまた松明を捨てて逃げ帰ることになり、牛若は投げ捨てられた松明に、一つ足拍子を踏んで松明を踏み消した形です。

さて三人目に則俊さんが向かうことになりますが、お頭に様子を知らせに行くとか、腹が痛いとか行って逃げようとします。しかし二人に押し止められて結局中に入ることになりますが、牛若に斬られて手負いとなります。則秀さんが手負いの者を助けると言って、付き添って退場し、残った則重さんが常座で触れて退場します。

さて囃子が奏され後シテの登場となります。
大盗賊風の後シテ、熊坂長範が先頭に立ち、立衆が続いて橋掛りに並んで謡います。長範が声をかけ、後ツレが答えて一同は下居します。

長範と武者とのやり取りで、寄せ手が十二三ばかりの幼き者の小太刀に斬られて、命を落とす者、逃げてしまった者など、散々になっている様子が語られます。
一の松明は斬り落とされ、二の松明は踏み消され、三の松明は投げ返されてしまったのでは「今宵の夜討ちはさてよな」とシテは右の膝をたたき、一同を振り向きます。

ツレが答えて退こうと言い、長範も一度は退こうと言いますが、熊坂の長範ほどの者が夜討ちをし損じて良いものかと思い直し、一同に攻め入れと声を上げます。
一同は立ち上がり立ち位置を入れ替えて、シテは幕前で床几に。
牛若が正中に出て、正先から開キ「八万も御知見あれ」の地謡に両手突いてから立ち上がり、ワキ座で立衆を迎えて斬り組み、カケリとなります。
立衆が順に斬られてカケリが終わると「熊坂の長範六十三」の地謡に、長範が立ち上がって橋掛りを進み、二の松で太刀を抜くと舞台に入って常座で太刀を両手で捧げます。

牛若と長範の斬り組みが地謡に合わせて続けられますが、最後は斬り捨てられた長範が退場し、牛若が留拍子を踏んで終曲となりました。

子方が見事に成人を果たした態で留拍子を踏むという、まさに子方の卒業を祝うような一曲。大風クンが見事に演じ、見所の大きな拍手で祝福された一番でした。
(101分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2325-a3165f4e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad