能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉狩のつづき

舞台上、まずは後見が一畳台を出し大小前に据えます。続いて濃茶の引廻しの紅葉山を持ち出し、台上右端に据えて後見が下がります。
次第が奏されてシテ、ツレの出。シテのみが文様のある色大口、ツレ五人は緋大口で、何れも唐織打掛。シテを先頭に舞台に進み、舞台中央に二列に並ぶと向き合って次第を謡います。ともに出た美男のアイ女は狂言座に控えます。当日のメモだと杉市和さんの差指が独特で印象深いと感じたようです。あまり舞台上で拝見する機会はないのですが、東京の森田流の方々とはかなり違った印象を受けます。

シテの名乗り、シテ・ツレの謡、下歌、上歌と謡い続けて、上歌の途中アシライでシテを先頭に雁行の形に並び道行の態。
「四方の梢を眺めて暫く休み給へや」の謡に、一同は地謡座前に一列に並んで向き直り、紅葉狩の場所に着いた様子となります。シテはワキ座でやや階の方を向いて床几に腰を下ろし、ツレはシテの横から紅葉山の間に並んで下居します。
アイの女が進み出て触れ、山の前に着座すると笛のヒシギ、一声でワキ一行の登場です。

ワキ平維茂は白大口に長絹肩脱ぎ、右手に弓、左手に矢を携え、梨子打烏帽子に白鉢巻の凛々しい姿。ワキツレ従者は素袍上下に太刀を捧げ、勢子三人は茶の素袍を肩脱ぎに、右手に勢子竿を持っての登場です。
一ノ松でワキサシ、狩場の景色が面白いと謡うと、ワキツレがこれを受けて、駒の足並が勇むと謡い、ワキはシテ柱近くまで進んでから一ノ松まで下がりキメ。
続く上歌の最後でワキはゆっくりと一ノ松からシテ柱近くまで出「いかに誰かある」と言って振り返ります。ワキツレ一同が下居し「御前に候」と答えると、ワキは山陰に人影が見えるので見てくるようにと命じます。
ワキツレが立ち上がり、ワキと入れ違いに常座に出てアイと問答。人影は誰か、と問いますが、アイは名を答えません。ワキツレは立ち戻って一ノ松に下居、人影は酒宴の様子だが、名を尋ねても名乗らないと言上します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2327-727d4b03

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。