FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

紅葉狩さらにつづき

ワキは、誰とも思い至らないが、ともかくも乗馬のまま通ることは拙かろうと言い、地謡「馬よりおりて沓をぬぎ」に、弓を右手に取って従者に弓矢をともに渡し、一行は馬を下りた態で舞台に入ると、ワキが常座に立ちます。

シテ、ワキの問答になり、シテは宴に立ち寄るようにと勧めますが、ワキは「思いも寄らぬこと」と言い「さらぬやうにて過ぎ行けば」と角に出ます。しかしシテが「あら情なの御事や」と声をかけると立ち止まり、シテも立ち上がって地謡で正中へ。
「恥ずかしながらも袂に縋り」の謡に、シテはワキに寄って袂引く形。続く地謡に立ち位置を入れ替え、ワキはワキ座に、シテは常座に進み、さらにシテが正中まで出ると、ワキは二、三足下がって下居。シテも正中に下居して、宴席に着いた形となります。

地のクリ、シテのサシから、クセに続いていきますが、冒頭に書いたとおり今回はクセをワキが舞うという特別な演出。クセ前の地謡「胸うち騒ぐばかりなり」でワキがユウケンし、シテはワキに向き合います。
「さなきだに人心」とクセの詞章がはじまり、ワキが扇を閉じると、ツレ一人が扇を広げて立ち上がり、ワキに寄って酌をします。シテは常座で床几に腰を下ろし「思ひしかども盃に」でツレ二人が立ち上がります。先に酌をしたツレが座に戻ると、入れ替えに二人は山の両側からワキを見る形に立ちます。
「道は様々多けれど」の謡に、ツレ二人が足拍子を踏み、ワキが立ち上がると「殊に飲酒を破りなば」と正中に出、さらにツレを伴って角へと進みます。「乱れ心の花鬘」と左に回り、正へと進むとサシ込み開キ「類ひ嵐の山櫻」でツレが足拍子を踏むとワキは開キ、扇広げて打込「よしや思へばこれとても」の上げ端をワキが謡って上扇。ワキのみ大左右、正先に出て「かかる折しも道の辺の」と開キます。
ツレが続いてサシ込み開キ、ワキは目付柱から常座へと回り、ツレの後を回って山の前へ。「人の心も白雲の」でツレが出て扇カザシて左へ回り、ワキはワキ座へ、ツレ二人は左右して下がり、代わって残るツレ二人が立ち上がります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2328-516bae2f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad