FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

紅葉狩さらにさらにつづき

クセの終わり「月の盃さす袖も」で新たに立ったツレ二人がサシ込み開キ、扇を閉じ笛座の方を向いてサシて「堪へず紅葉」の謡から中ノ舞、相舞となります。

二人で中ノ舞を舞いますが、初段のヲロシの途中でシテが扇を広げて立ち上がり大小前に進みます。ここからツレが下がってシテの舞に。さらに二段のヲロシでワキが寝入った形となります。シテは寝入ったかどうか確かめるようにワキに寄り、舞は急調となってシテワカ「堪へす紅葉青苔の地」と謡って常座で上扇。
さらに地謡「涼風暮れゆく空に」と雲扇。台上に上り「物凄しき 山陰に」と抱え扇して台を降り、ワキに向いて開キ。
「夢ばし覚まし給ふなよ」の謡にシテは紅葉山に中入、ツレも立って来序にて幕に入ります。

整理すると、五人のツレのうち…おそらくは淳夫さんと思うのですが、一人が立って酌をし、ワキは残るツレ四人のうち二人と連れだってクセを舞う。クセの後段でワキはワキ座に下がり、二人のツレも下がると代わって残る二人のツレが立ち上がり、クセの終わりから中ノ舞初段ヲロシまでを舞う。初段ヲロシの途中でツレ二人が下がってシテの舞となり、舞上げて山に中入りするという展開です。

さてツレが来序で幕に入ってしまうと、囃子は狂言来序に代わり、括り袴に太刀を持ったアイの末社が登場してきます。末社は平維茂が信濃の国、戸隠山で若い女、実は鬼神に酒宴に誘われて酔い臥してしまったが、八幡神がこれを知り急ぎ告げ知らせよとのことであると言い、舞台を一回りして戸隠山にやってきます。
さらに角に出て、ワキが寝入っているのを見つけ、女が実は鬼であることを告げると、八幡宮より授けられた太刀をワキの前に置き、早く目を覚ませと足拍子を踏んで退場します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2329-daab43d7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad