FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

浮舟のつづき

舞台には名宣笛でワキ都方の僧が登場してきます。無地熨斗目着流しに水衣、角帽子を着け常座まで進み出て名乗り。和州初瀬の観世音に参籠したので、これから都に上ろうと思う旨を述べて道行。
初瀬山を越え三輪山を見て進み、狛のわたりを過ぎて宇治の里に着いたと謡い、暫く休んで名所を眺めようと言ってワキ座に着座します。

これを受けて一声の囃子。笛のヒシギで直ぐに幕が上がり、後見が舟を持って出てワキ正に置きます。常の形では舟を出さず、水棹を持ったシテが出て舟に乗ってやって来た形を示すだけですが、彩色の小書がつくと舟を出すようです。後見は舟と併せて水棹も持って出ており、舟を据えた後は棹を持って後見座に下がります。

登場したシテは若女の面、朱の縫箔を腰巻に薄い緑の水衣を肩上げにし、女笠。橋掛りを進んで舟に乗り込むと後見が棹を渡し、一セイ「柴積舟の寄る波も」と謡い出します。
二ノ句、サシ、下歌と謡い進み、地が上歌を続けますが、この間、舟に乗ったシテはほとんど所作なく、ゆっくりと漕ぎ寄せる風情です。

ワキが声をかけ、シテ・ワキの問答。ワキは、この宇治の里に,は古(いにしえ)いかなる人が住んでいたのか語って欲しいと問いかけます。シテは型通り、詳しくは知らないと言いながら、浮舟が住んでいたと語ります。浮舟といえば源氏物語、その子細も併せて語るようにとワキが重ねて求め、地謡が橘の小島が崎、宇治の夕景色を謡って、シテは舟を漕ぎ寄せる形。

ワキが「なほなほ浮舟の御事委しく御物語候へ」と言って地のクリ。
シテは棹を落とし、船中で床几に座って笠を外します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2336-c23c4d9e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad