FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

八島 川口晃平(三人の会)

観世流 観世能楽堂 2017.06.10
 シテ 川口晃平 ツレ 谷本健吾
  ワキ 宝生欣哉
  ワキツレ 舘田善博 梅村昌功
  アイ 山本則秀
   大鼓 亀井忠雄、小鼓 大倉源次郎
   笛 竹市学

4月にGINZA SIXの地下3階に移転開場した観世能楽堂。開場記念公演はスケジュールも合わないまま、あっというまにチケット完売。新能楽堂に行ってみたいと思いつつ日々を過ごしていましたが、三人の会の第二回公演が観世能楽堂で開催という情報に行き当たり、早速、チケットを入手しました。
この三人の会、宗家、銕之丞家、梅若六郎家、とそれぞれ異なった家で内弟子修行をした三人、坂口貴信さん、谷本健吾さん、川口晃平さんが立ち上げた会で、皆さんほぼ同年代。これまでのブログでも、ツレとして登場された際などの感想を書いていますが、前々から気になっていた若手能楽師です。
その三人が登場されるというので楽しみに出かけました。

番組は、谷本さんの次男康介さんの仕舞を皮切りに、この川口さんの八島、続いて狂言「貰聟」、谷本さんの一調「班女」、仕舞が四番あって、坂口さんの海士という構成。故あってなのか、八島、海士と、いずれも讃岐にまつわる二曲。ブログでは何度も取り上げていますので、曲の解説や所作の流れなど、あらためて記載しませんが、感じたところなど少しだけ書いておこうと思います。

シテの川口さん、以前に拝見した際も舞のキレが良い楽しみな能楽師と思ったのですが、この日の八島も良い舞台でした。前シテと後ジテの対比も、後ジテの所作も、またこの方の能を観てみたいと思わせるものでした。
が、あわせて感じ入ったのが地謡。川口さんの師匠にあたる玄祥さんの地頭でしたが、しみじみ上手いなぁと。ついついシテやワキの演技ばかりに気持が行ってしまいますが、囃子、そして地謡があって、一曲の能が構成されているのだと、あらためて感じたところです。
なお以前にも記しましたが、観世流は現在「屋島」と表記します。ただし梅若家では他流同様「八島」と表記するようで、今回は番組に沿って「八島」と記載しました。
(88分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2346-3e2b7f0a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad