FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

座・SQUARE 第20回記念公演

7月17日、金春流の若手四人の会「座・SQUARE」の第20回記念公演が開催されました。
なんとなく遠い世界になりつつあった能楽を、もう一度観てみようと思うようになったきっかけは、平成15年10月と、翌年3月の金春会で観た、山井綱雄さんの舎利と歌占でして、その山井さんが同人である座・SQUAREの公演も16年の第7回公演から、スケジュールが合えば観に行くようにしています。

今回はその20回記念公演で、井上貴覚さんが翁を勤め、山井さんの朝長、高橋忍さんと辻井八郎さんが乱双ノ舞を舞うという番組。
第10回では辻井さんが翁を勤めましたが、あれから10年経ったのかと思うと、些か感慨深いものがありました。

番組のうち、鑑賞記は山井さんの朝長のみに留めますが、その前に朝長以外の番組と、簡単な感想のみ記載しておこうと思います。

翁 
 翁 井上貴覚
  千歳 大藏基誠、三番叟 大藏教義
   大鼓 柿原光博、小鼓頭取 曽和正博
   脇鼓 曽和伊喜夫 住駒充彦
   笛 藤田貴寬
   後見 金春安明 金春穂高
   三番三後見 大藏彌太郎 茂山良暢

次が朝長ですので、これは後日記載します

佐渡狐
 シテ 大藏彌太郎
  アド 茂山良暢 山本泰太郎

仕舞 羽衣キリ 金春憲和
仕舞 邯鄲   金春安明

乱 双ノ舞
 シテ 高橋忍 ツレ 辻井八郎
  ワキ 福王和幸
   大鼓 亀井広忠、小鼓 観世新九郎
   太鼓 吉谷潔、笛 杉信太朗

井上さんの翁、堂々として立派な風格でした。20年を飾る翁だったと思います。教義さんの三番三も気合いの入った舞でした。儀式としての要素が強い翁ですが、それだけに観ていて何となく身が引き締まるような感じがします。年に一度くらいは翁を観たい、などと思っています。

佐渡狐は大藏三家の混成。4月の大藏流五家狂言会を思い出しました。彌太郎さん、良暢さん(…現忠三郎さんですが)、泰太郎さんそれぞれの芸風の違いが、舞台を一段と面白くしたように思います。

宗家、前宗家の仕舞を挟んで乱。
金春の乱は、実は初見。しかも双ノ舞の小書が付いて大変賑やかです。両手を上げて揺らぐように舞う型は、はじめて見ましたが大変面白い形です。20回を記念するような、目出度い雰囲気に満ちた一曲でした。

さて朝長の様子は明日から、書いてみようと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2348-17e4c848

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad