FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

朝長さらにさらにつづき

朝長の続きをもう一日残したまま、一昨日・昨日と更新できず本日になってしまいましたので、つづきを書いておこうと思います。
実は、今日は金春円満井会特別公演、本田光洋さんの桧垣を観てきたのですが、この話はいずれまた。思いもかけぬこともありまして…
******************************************************
ワキ、ワキツレ揃っての待謡を聞き、出端。囃子に乗って後シテ朝長の霊が登場してきます。紅白段の厚板に茶系の長絹を肩脱ぎにし、白地に稲妻の文様の半切、左折の烏帽子に白鉢巻きの武将姿です。

常座まで出たシテは「あら貴の懺法やな」と謡い出します。ワキ、シテと続けて、地謡が受けるとシテは舞台を一廻りし、常座に出て「あら貴の弔いやな」の謡に合わせ、ワキに向かって合掌します。

ワキが、観音懺法の声澄む中に灯の影に朝長の姿が見えるのは、夢か幻かと謡い、シテとの掛け合いに。地謡となり、シテはシカケ開キ「背くなよ朝長を」で六拍子踏んで開キ、「月も影そひて光陰を惜しみ給へや」で左の袖を巻いて左へと向かいワキと向き合うと「待たぬ浮世のならひなり」で袖を直して常座へ。小廻りして開キ「説法を説かせ給へや」とワキにツメてクリ。
大小前に進んだシテは床几に腰を下ろします。

ここからサシ、クセ、ロンギと床几のまま進行しますが、このあたりの形は各流同様の様子です。
中ノリ地「旗は白雲紅葉の…」となり、シテは床几のまま面を切り「大崩にて朝長が」と六拍子。「鐙をこして」と鐙を踏んだ態で一度立ち上がり「下り立たんとすれども」でストンと腰を落として、難儀する様を示します。
「一足もひかれざりしを」であらためて立ち上がり、「腹一文字にかき切って」で座して腹切る所作。「土となりぬる青野が原の」で立ち、常座からワキに向かって合掌した後、シテ柱を向いて留拍子を踏み、終曲となりました。

形のみ記載しましたが、久し振りに拝見した山井さんのシテ、本当に良かったです。諸般の事情で、最近はあまり金春の能を観ていないのですが、山井さんの能は立ち姿、所作も美しい。さらに、床几に腰を下ろし「魂は善所におもむけど 魄は修羅道に残ってしばし苦を受くるなり」と謡うあたりは、深い情趣を感じたところです。

なお朝長の中入の形をめぐっては、以前の鑑賞記と併せ、朝長と藤戸の前シテの扱いについていささか書いてありますので、こちらもご参照いただければと思います。
(105分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2352-176a724e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad