能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

身延さらにさらにつづき

シテの一セイ「おもしろや 妙なる法の華の袖」
地謡が受けて「夕陽や連れて 廻るらん」を聞きつつ、幕方を向いて扇を閉じ常座に向かい、扇を右の手に取り左手には数珠、序ノ舞の舞出しです。

数珠を持って舞う形はあまり観たことがないので、扇と数珠をどのように扱うのか少しばかり注意してみたところです。初段の途中でワキの方を向いた際に少し腰を落とす型があり、二段の段のところで扇を持ち替えた際に数珠を右手に。三段では羽根扇を右手で受けて左手で扇を直し、数珠を左手に取り直す・・・と、中啓と数珠を持ち替えつつの舞ですが、流れるように自然な所作で、あえて気にしていなければ、持ち替えたことに気付かないでしまいそうです。

序ノ舞を舞上げて常座でワカ。「紫雲たなびき光さし」の地謡にやや面を上げ、「千草にすだく虫の音までも」と面を下げて、左右打込「妙法蓮華の称へかな」と開キます。
上歌「げにありがたき法の道」を聞き、「末暗からぬ灯火の」と五足ほど出て「永き闇路を照らしつゝ」で六つ拍子。角へ出ると角トリして左に回り、正中で正面に向いて開キ「げにありがたや頼もしや」と手打ち合わせてワキに向きます。

「御法の御声も時過ぎて」と謡い、地謡が続けると「既にこの日も入相の」と幕方を遠く見やる形。「鐘響き月出でて」で抱え扇。「げにも妙なる法の場」で四拍子踏みサシて角へ。「身延の山の風の音」と扇カザシて「水の御声もおのづから」でやや下を見る心で左へ回って常座へ。「草木国土みな成仏の霊地なり」の謡に小さく回って合掌。繰り返す「成仏の霊地なりけり」に、合掌を解いて扇広げ、留拍子を踏んで終曲となりました。

いささか細かく詞章と所作を書き連ねましたが、既にお分かりの通り、シテワキのやり取りや所作を細かく観ていかないと、何の盛り上がりもない「それだけ」の曲です。
法華経を深く理解し信心のある人には、感じるところの多い曲と思いますが、この曲が稀曲であることが、なるほどと思えるような一番でした。
(80分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2357-fc89d3dc

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad